話題のTVシリーズに出演するマーク・ハミルPhoto by Araya Diaz/Getty Images for The Midnight Mission

写真拡大

「スター・ウォーズ」シリーズ最新作への出演が話題を呼んでいる米俳優マーク・ハミルが、米CWネットワークのテレビシリーズ「ザ・フラッシュ」で悪役トリックスター役を演じることが分かった。

出演が決まったハミルは、1991年にCBSで放送されたテレビ映画シリーズ第2弾「ザ・フラッシュ2」で同役を怪演。今回のテレビシリーズ版では、無政府主義のテロリストで詐欺師でもあるトリックスターことジェームズ・ジェシーは、刑務所で終身刑に服しているという設定で、第2のトリックスターになろうとしている人物が街を攻撃するのを防ぐため、主人公フラッシュたちを助けるという。

今年始まったばかりのテレビシリーズ版には、90年代のテレビ映画シリーズでフラッシュ役を演じたジョン・ウェズリー・シップが、フラッシュ(グラント・ガスティン)の父親役で出演中。ハミルが登場する第17話では、ふたりの再共演も実現するようだ。

「ザ・フラッシュ」は、同名DCコミックのドラマ化で、CWの人気ドラマ「ARROW/アロー」のスピンオフ作品にあたる。科学者バリー・アレンが雷に打たれ、超高速で走る能力を身につけたスーパーヒーロー、ザ・フラッシュとして活躍する姿を、「glee/グリー」のガスティン主演で描く。

ハミルが再びルーク・スカイウォーカーを演じる「スター・ウォーズ ザ・フォース・アウェイクンズ(原題)」は、2015年12月18日に公開。

■関連記事
「スター・ウォーズ エピソード7」特報で新キャラ&十字のライトセーバー登場
「スター・ウォーズ エピソード7」タイトルは「The Force Awakens」!
新「スター・ウォーズ」にオリジナルキャスト3人復帰!ルーカスが明言
「プリズン・ブレイク」兄弟役、DCコミック新ドラマで再共演
「ウルヴァリン:SAMURAI」福島リラ、ドラマ「ARROW」でデボン青木の代役に