写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の中谷美紀が主演を務める映画『繕い裁つ人』(2015年1月31日公開)の各ロケ地が、このほど明らかになった。

原作は、漫画家・池辺葵が漫画雑誌『ハツキス』(講談社)で連載中の『繕い裁つ人』。祖母が始めたこだわりの「南洋裁店」を受け継いだ2代目の店主・市江を中谷美紀が演じ、彼女の「世界で1着だけの一生もの」というこだわりが、ブランド化を勧める営業マン・藤井との出会いによって揺れ動いていく。

メガホンをとった三島有紀子監督は、『しあわせのパン』(2012年)や『ぶどうのなみだ』(2014年)で北海道オールロケを行ったことでも知られる監督。本作でも物語の設定に合わせて、神戸でのオールロケを敢行した。

南洋裁店は兵庫県川西市にある国登録有形文化財・旧平賀邸を使用。NHK連続テレビ小説『マッサン』のロケ地としても知られている場所で、外観だけでなく室内のシーンもここで撮影された。市江の服を扱う唯一の店「NAIFS(ナイーフ)」は神戸市東灘区にある実在の雑貨店。市江の祖母(先代)がはじめた、年に1度の夜会は神戸どうぶつ王国で撮影された。

市江が度々気分転換のために訪れ、ホールサイズのチーズケーキを注文しているのが、神戸市中央区にある珈琲店サンパウロ。また、三浦貴大演じる藤井の勤務先は、大丸神戸店。そのほかにも雷聲寺付近やメリケンパークなど、神戸市内の名所が多数登場する。市江と藤井が利用する図書館は三島監督の母校・神戸女学院。伊武雅刀演じる橋本が営んでいる洋裁店「テーラー橋本」は、西宮市にあるヨシムラ洋裁店を使用した。