写真提供:マイナビニュース

写真拡大

短編『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』との同時上映が決定した実写版『シンデレラ』(2015年4月25日公開)の日本版予告編が19日、公開された。

ディズニー・ラブストーリーの名作『シンデレラ』を実写化した本作では、ただ運命の人を待つのではなく、自らの手で運命を切り開いていくヒロイン像を描く。先日お披露目された世界的写真家、アニー・リーボヴィッツによるビジュアルでも、躍動感あふれる新しいシンデレラの姿が明らかになったが、このたび、映画の世界観を垣間見ることができる予告編が公開された。

予告編は、"時"を知らせる鐘の音と共に、ガラスの靴を失くす象徴的なシーンから始まる。そして、幼くして失くした実の母から「勇気と優しさを忘れないで」と教わる幼いシンデレラ。その言葉を胸にまっすぐな女性へと成長し、意地悪な継母や義姉妹のひどい仕打ちにあいながらも、前向きに乗り越えていく姿が描かれている。

映像では、継母にドレスを引き裂かれるシーンや、涙するシンデレラの前にフェアリー・ゴッドマザーが現れ、かぼちゃを馬車に変え、シンデレラを美しく変身させる名場面、さらに、舞踏会で王子と踊る幸せなひと時も収録。"宮廷"の世界を描写するのにたけているケネス・ブラナー監督が、アカデミー賞受賞歴のあるスタッフ陣と共に描いた、ゴールドを基調としながらも気品にあふれる美しい世界を見ることができる。

シンデレラ役を演じるのは若手女優リリー・ジェームズ、王子役は海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で注目のリチャード・マッデン。そして、悪名高き継母役にはアカデミー賞女優ケイト・ブランシェット、フェアリー・ゴッドマザー役にはヘレナ・ボナム=カーターと実力派キャストが名を連ねる。

(C)2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.