スーザン・サランドン&キャシー・ベイツ写真:Press Association/アフロ、Photo by Steve Granitz/WireImage

写真拡大

国際映画祭で高い評価を受けている弱冠25歳の監督・俳優グザビエ・ドランの新作「The Death and Life of John F. Donovan(原題)」に、スーザン・サランドンとキャシー・ベイツのオスカー女優2人が出演することがわかった。

同作は、カナダ出身のドランが監督する初の英語作品で、架空の人気俳優ジョン・F・ドノバンの人生がゴシップ騒動により暗転するさまを描く風刺劇。スーパーヒーロー映画で有名になったドノバンと、11歳のファンの私的な書簡が流出し、あるゴシップ記者がドノバンを児童性愛者のように仕立て上げる。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、ドノバン役を「ゲーム・オブ・スローンズ」でブレイクしたキット・ハリントン、ゴシップ記者役をジェシカ・チャステインが演じる。また、ベイツはドノバンの敏腕マネージャー役、サランドンはドノバンの母親役を演じるようだ。

ドランは、19歳のときに手がけた長編初監督「マイ・マザー」(2009)から、第2作「胸騒ぎの恋人」(10)、第3作「わたしはロランス」(12)と立て続けに監督作がカンヌ映画祭に出品された。第4作「トム・アット・ザ・ファーム」(13)はベネチア国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞、第5作「マミー(原題)」はカンヌ映画祭で審査員賞を受賞した。「マミー(原題)」は15年1月23日に米公開、4月25日に日本公開される。

■関連記事
グザビエ・ドランのカンヌ映画祭受賞作「マミー」来春公開決定
グザビエ・ドラン「トム・アット・ザ・ファーム」には「タイタニック」の影響があると明かす
グザビエ・ドラン初の英語映画にジェシカ・チャステイン
米映画サイト読者が選んだ「重要なLGBTフィルムメーカー25人」
マット・ボーマー「アメリカン・ホラー・ストーリー」にゲスト出演