呪われた人形が一家に襲いかかる(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

写真拡大

大ヒットホラー「死霊館」に登場した、実在の人形アナベルがもたらす恐怖を描いた「アナベル 死霊館の人形」(ジョン・R・レオネッティ監督)の予告編、日本版ビジュアルが公開された。

アナベル人形は、米コネティカットの博物館で保管され、今でも神父による祈祷が行われている。本作は、「死霊館」の監督ジェームズ・ワンが製作を手がけ、カルト集団によって、邪悪な呪いをかけられた人形がもたらす極限の恐怖を描く。

子どもの誕生を控え、フォーム夫妻は幸せな日々を送っていた。しかし、カルト集団の信者に襲われ、夫ジョンが妻ミアに贈った人形に呪いがかけられてしまう。その日を境に、一家は不可解な出来事に見舞われ、恐怖のどん底に突き落とされる。

予告編は、フォーム家に侵入し、ミアに襲いかかった後自殺したカルト集団の女の血が、人形の瞳に流れ込む不気味な場面からはじまる。その後、捨てたはずの人形が荷物の中から発見され、不穏な空気が漂うなか怪現象が多発。得体の知れない少女が走りながらミアに襲いかかるショッキングな場面で締めくくられ、「死ヌマデ、遊ンデ」と書かれたビジュアルととともに、さらなる恐怖を予感させる。

「アナベル 死霊館の人形」は、2015年2月28日から全国で公開。

■関連記事
【動画】「アナベル 死霊館の人形」予告編
血の涙を流す呪いの人形…「アナベル 死霊館の人形」来年2月末公開
人気ホラー「死霊館」続編の全米公開日が決定
「死霊館」続編にジェームズ・ワン監督がカムバック
「インシディアス」第3弾の製作が早くも決定