廃墟と化した世界で希望を探し求めるデュナンとブリアレオスMotion picture (C) 2014 Lucent Pictures Entertainment Inc./Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.Comic book(C) 2014 Shirow Masamune/Crossroad

写真拡大

「攻殻機動隊」で知られる士郎正宗氏の人気コミックを、モーションキャプチャーと3DCGを使ってアニメ映画化した「アップルシード」シリーズの最新作「アップルシード アルファ」の予告編が、このほど公開された。

第5次世界大戦後の廃墟と化した世界を舞台に、理想都市オリュンポスを中心に展開される人類再生計画に巻き込まれた、女性兵士デュナンと戦闘サイボーグ「ブリアレオス」の新たな戦いを描く。第1作「APPLESEED アップルシード」、第2作「エクスマキナ」に続いて荒牧伸志監督がメガホンをとった。

公開された予告編では「あなたが教えてくれたのよ。生きる意味と、そして希望を」という、ブリアレオスに向けたデュナンの言葉などとともに、荒廃した世界で希望を模索する2人の姿が映し出される。物語の鍵を握る、オリュンポスから来た少女アイリスの「この世界を受け入れるか、希望のために戦うか」というセリフも印象的だ。

予告編には、日米のトップクリエイターのコメントも収録。「タイタニック(1997)」「アバター」のジェームズ・キャメロン監督は「もはや新次元の領域だ」、「魔法少女まどか☆マギカ」の脚本を手掛けた虚淵玄は「この映像そのものが未来である」と、最新CG技術を駆使したスピード感のある本作の映像を絶賛。また士郎氏も「荒牧氏の映像作品は進化を継続し続けている。このような探求の旅にデュナンやブリアレオスを連れていってもらえることにたいへん感謝する」と、原作者として謝辞を寄せている。

「アップルシード アルファ」は、15年1月17日から全国公開。

■関連記事
ジェームズ・キャメロン監督も絶賛する革新的映像を予告編でチェック!
【動画】「アップルシード アルファ」
荒牧伸志監督が新たに描く「アップルシード アルファ」来年1月公開決定
TIFF2014にミギー&巨人&「アップルシード」デュナン登場! 世界へ向け“クールジャパン”発信
第27回東京国際映画祭 宮沢りえ、中谷美紀ら女優陣が美の競演!