米コメディアンのジミー・ファロン写真:LNC / Richard Miller/Camera Press/アフロ

写真拡大

米エンターテインメント・ウィークリー誌恒例の「エンターテイナー・オブ・ザ・イヤー」に、今年米NBCの人気長寿トーク番組「ザ・トゥナイト・ショー」の新ホストに起用された米コメディアンのジミー・ファロンが選ばれた。

スタンダップコメディアン出身のファロンは、「サタデー・ナイト・ライブ」や、俳優としては映画「2番目のキス」「あの頃ペニー・レインと」でもおなじみ。ミュージシャンでもあるため、ファロン版「ザ・トゥナイト・ショー」は、豪華ゲストとともに行うパフォーマンスや、音楽を交えたゲームなどの新しい趣向が人気を博している。

なかでも人気のコーナー「Lip Sync Battle(口パク対決)」は、米スパイクTVによって単独シリーズ化されることが決定したほどだ。口パク対決にはこれまで、エマ・ストーンやジョセフ・ゴードン=レビット、ポール・ラッドらが登場しているが、どのコーナーもゲストが楽しそうにしているのが印象的で、いまや「ザ・トゥナイト・ショー」は「街で一番人気のパーティのようなものだ」と同誌は評している。

■関連記事
次回アカデミー賞授賞式、司会はニール・パトリック・ハリス
人気司会者の最後の出演となった「トゥナイト・ショー」が高視聴率を獲得
米EW誌による2013年のエンターテイナー16選
ジミー・キンメルがエレン・デジェネレスに対抗、クリントン家との“自撮り”をアップ
ミュージシャン&俳優のギャラ相場が公開 俳優最高位はジョージ・クルーニー