岡田将生&藤原竜也、再びのタッグで緊張?
 - (C) 2015映画「ST赤と白の捜査ファイル」製作委員会

写真拡大

 日本中央競馬会(JRA)とのコラボCMのため、『映画 ST 赤と白の捜査ファイル』の藤原竜也と岡田将生の主演コンビが映画クランクアップ後、約3か月ぶりとなるタッグを組んでいたことがわかった。

 今野敏の小説「ST 警視庁科学特捜班」シリーズを原作に、昨年4月にスペシャルドラマ、今年夏に連続ドラマが放送され、藤原演じる天才だけど対人恐怖症なST(警視庁科学特捜班)のリーダー・赤城左門と岡田ふんするSTの統括を任せられたお人よしな警部・百合根友久のコンビが人気を集めている「ST」シリーズ。『映画 ST 赤と白の捜査ファイル』では、殺人の容疑をかけられ逃亡した赤城の疑いを晴らすべく、百合根が奮闘するさまが描かれる。

 有馬記念の開催地である中山競馬場で行われた撮影で、久しぶりに顔を合わせた藤原と岡田。二人の間には最初ぎこちなさが生じていたというが、リハーサルが始まると一変。息の合った掛け合いを披露し、名コンビの復活を見せていたとのこと。

 映像では、百合根が競馬場にたたずむ赤城の元に駆け寄ると、赤城が遠くを見据え「まだ解けていない謎があるぞ」と意味深な発言。その後、天才赤城が解明していなかった2014年最後のミステリーこそが、有馬記念ということが示される。このCMは14日から1週間のみ期間限定で放送される。(編集部・井本早紀)

映画『ST赤と白の捜査ファイル』は2015年1月10日より全国公開