新境地に挑む相武紗季

写真拡大

直井賞作家・桜木紫乃氏のミステリー小説「硝子の葦(あし)」が、相武紗季主演で初めてドラマ化されることが決定した。最新作「繕い裁つ人」が公開を控える三島有紀子が監督、永田優子が脚本を務める。女性の業と情念が生んだ犯罪を、性愛シーンを絡めながら巧みに描く本作。性愛に対する独自の作風が女性の支持を得ている桜木氏だけに、相武の演技に期待が高まるばかりだ。

北海道釧路にあるラブホテル「ホテルローヤル」オーナーの妻・幸田節子(相武)は、幼少期に母親・律子から虐待を受けて育ち、律子を激しく憎悪している。律子の元愛人で親子ほど年齢が離れた喜一郎と結婚するものの、夫を裏切り、税理士・澤木昌弘と不倫関係を持っていた。ある日、節子と澤木が不倫中に喜一郎が事故に遭い、意識が回復する見込みはないと宣告される。不倫、誘拐事件を経て、焼身自殺を図るまでに追い込まれていく、節子の複雑な境遇を描く。

今作で、不倫愛や殺人などの過激なシーンに挑む相武は、「原作には過激なシーンがあると聞いていたので、『どんなことが描かれていて、どんな役なんだろう』と思いながら読んだ」と明かしたが、「自分が思っていた以上にすんなりと受け入れられたというか、女性として共感するところ、憧れる部分がたくさんあって、自分にオファーしてくださったことに対して嬉しいと本当に思いました」と役への思い入れを語った。

また、「これまでは喜怒哀楽の激しい役を多くやってきていたので、こういう作品に私を選んでくれるということ自体がすごくチャレンジだなというか。きっと新しい自分が見つかるだろうと思っています」と、女優としての幅を広げられるチャンスと捉えているようだ。プロデュサーの井上衛も相武の起用理由を、「殺人や不倫といったイメージからもっとも遠い女優さんに演じて欲しかった」と語っており、“女優・相武紗季”の新境地となることは間違いなさそうだ。

WOWOW連続ドラマW「硝子の葦(あし)」は、2015年2月21日から毎週土曜午後10時から放送。

■関連記事
佐藤浩市×本田翼×尾野真千子で桜木紫乃「起終点駅」映画化!監督は篠原哲雄
大泉洋&染谷将太、絶妙な掛け合い「やる気ないだろ」「生まれつきこういう顔」
中谷美紀扮する主人公の頑固さと意外な一面が垣間見える 「繕い裁つ人」本予告
相武紗季、ハリウッド映画初吹き替えでファーストレディに
黒木瞳が“姑”デビュー、“嫁”相武とバトルもやられっぱなし…