実写版「シンデレラ」と同時上映!(C)2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

日本中で大旋風を巻き起こしたディズニーアニメ「アナと雪の女王」のその後の物語を描いた短編アニメ「フローズン・フィーバー(原題)」の邦題が、「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」に決定した。

実写版「シンデレラ」と同時上映される本作は、エルサとクリストフがアナの誕生日にこれまでで最高のお祝いをしようと計画するが、エルサの魔法の力がパーティーを危険にさらしてしまうという内容。大人気キャラクター、雪だるまのオラフも登場するといい、ユーモアあふれる演出に期待が集まる。

新作ではジェニファー・リー&クリス・バック監督をはじめ、オリジナル版のスタッフが再集結し、エルサ役の米女優イディナ・メンゼルが再び同役の声優を務めることも決定。主題歌「Let It Go」を生み出したロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペス夫妻が作曲を担当し、新曲を書き下ろすのもポイントだ。日本語吹き替え版の上映は未定だが、配給のウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンは、前作の声優たちの続投を熱望しているという。

「シンデレラ」は、シンデレラ役を射止めたリリー・ジェームズをはじめ、王子役のリチャード・マッデン、継母役のケイト・ブランシェット、フェアリー・ゴッドマザー役のヘレナ・ボナム・カーターらが出演し、世代を越えて愛される名作ラブストーリーを映画化。俳優としても活躍する才人ケネス・ブラナー監督がメガホンをとり、それぞれ3度のアカデミー賞受賞歴を誇る、衣装デザイナーのサンディ・パウエルとプロダクションデザイナーのダンテ・フェレッティが、きらびやかな世界を作りあげる。

映画「シンデレラ」と、同時上映の「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」は、2015年4月25日から全国で公開。

■関連記事
「アナと雪の女王」短編、来年4月に「シンデレラ」と同時上映決定!
米タイム誌「最も影響力のある架空のキャラクター」に「アナ雪」エルサ
「アナと雪の女王」の続編製作をエルサ役イディナ・メンゼルが認める
ディズニー「アナと雪の女王」のアトラクションを米ディズニーワールドに建設
米誌が選ぶ史上最高の映画主題歌 「Let It Go」など20曲