涙を浮かべて喜びを語った中谷美紀

写真拡大

女優・中谷美紀が12月11日、東京・新宿ピカデリーで行われた自身4年ぶりの主演作「繕い裁つ人」の完成披露試写会に、共演の三浦貴大、片桐はいり、黒木華、杉咲花、中尾ミエ、伊武雅刀、三島有紀子監督とともに出席した。

池谷葵氏の同名人気コミックを、「ぶどうのなみだ」の三島監督が実写映画化。町の仕立屋「南洋裁店」を祖母から受け継いだ2代目店主で、常連客たちのためだけに服を繕い続ける女性・市江(中谷)と、丹精こめて作るオーダーメイドの服とともに年を重ねてきた人々が織りなす日々を描く。

登壇陣は、映画の内容にちなみ“思いのこもった特別な1着”で登場し、中谷は十数年来の親友デザイナーが作成した衣装に身を包んだ。中谷は、親友の“頑固さ”が市江によく似ていると説明し、「こんなにいいお洋服なんだから、もっと大きくビジネスを広げたほうがいい」と歯がゆい思いをしていたと振り返る。それだけに、市江と親友を重ね合わせ「友人がこの作品を見て、市江のイメージと、そんな作品を作ってくださった三島有紀子監督の尊敬の念と、中谷美紀個人としてのイメージとを鑑みて、彼女がデザインして作ってくださった洋服です。アヤちゃんありがとうございます」と目に涙を浮かべながら語った。

神戸の仕立屋が舞台ということもあり、劇中には足踏みミシンが登場する。ミシンには以前からなじみがあったかと問われた中谷は、「ミシンはおろか、ボタン付けも自分でしない」と告白。撮影を経て「縫うという作業が瞑想作業のように心地よかったものですから、とてもいいミシンを購入した」そうだが、「撮影が終わったら一回も触っていません」と話し、客席の笑いを誘っていた。

また、伊武が本作で「映画出演100本目」を達成したことが伝えられると、会場を温かい祝福の拍手が包み込んだ。コメントを求められた伊武は、「(記念すべき100本目に)良い作品に出会えて最高。これがつまらない作品だったら寂しいので、やった、という感じ」と喜んだものの、「以上!」と照れ臭そうに切り上げた。

「繕い裁つ人」は、2015年1月31日から公開。

■関連記事
中谷美紀扮する主人公の頑固さと意外な一面が垣間見える 「繕い裁つ人」本予告
学校作りに情熱を注いだ若者たちの奮闘記「サムライフ」特報が完成
平井堅、中谷美紀主演「繕い裁つ人」主題歌!予告編とこだわりのポスターも完成
第27回東京国際映画祭 宮沢りえ、中谷美紀ら女優陣が美の競演!
「軍師官兵衛」クランクアップ 涙の岡田准一に中谷美紀らがキス!