「スター・ウォーズ」の世界が登場!(C)Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

写真拡大

米ディズニーランドに新「スター・ウォーズ」を題材としたアトラクションがお目見えすることが明らかになったと、バラエティが報じた。

同サイト主催のイベントに参加したロバート・アイガー会長は、2012年にルーカスフィルムを40億ドルで買収したときから、ディズニーランドに「スター・ウォーズ」の新アトラクションを設置すべく準備を進めてきたと告白。しかし、これまでに作られた6作品だけでなく、「スター・ウォーズ ザ・フォース・アウェイクンズ(原題)」をはじめとする新「スター・ウォーズ」も題材にすべきだと悟ったとき、開発をいったんストップしたという。「最新作を見たお客さんに、『映画を題材にしたものがパークにはなんにもないじゃないか』と言われたくなかったんです」

その結果、アトラクションの開発を行うウォルト・ディズニー・イマジニアリング社は、J・J・エイブラムス監督が「ザ・フォース・アウェイクンズ」の撮影を終えるまで待つことにしたという。「おかげでいまでは『エピソード8』やスピンオフ作品でどんなことが描かれるかわかりました」とアイガー会長。新たなアトラクションは、過去と現在、未来の「スター・ウォーズ」を題材にしたものになるといい、第1弾は来年お披露目されることになる予定だ。

■関連記事
【コラム】『スター・ウォーズ』まとめ
「スター・ウォーズ」の特報の再生回数が「アベンジャーズ2」を超える
ジョージ・ルーカス「スター・ウォーズ」の特報に興味なし!?
ディズニー「アナと雪の女王」のアトラクションを米ディズニーワールドに建設
今年50周年を迎えた「イッツ・ア・スモールワールド」が長編映画に!