花とアリスの出会いが明らかに(C)花とアリス殺人事件製作委員会

写真拡大

岩井俊二監督が「花とアリス」(2004)の前日譚を初の長編アニメで描いた「花とアリス殺人事件」が、2015年2月20日に劇場公開されることが決定し、追加声優が発表された。アリス役の蒼井優、花役の鈴木杏に加え、相田翔子、平泉成、キムラ緑子、木村多江、郭智博といった前作のキャスト陣が再結集するほか、勝地涼、黒木華、鈴木蘭々が新たに参加する。あわせて、蒼井と鈴木杏らが息吹を与えた予告編が、お披露目された。

蒼井と鈴木杏のブレイクのきっかけとなった「花とアリス」は、女子高生・花とアリスが恋と友情に揺れる姿を映し出した。岩井監督が再び原作・脚本・音楽・監督を手がける本作は、ふたりの中学時代に焦点を当て、“史上最強の転校生”アリスと“史上最強の引きこもり”花の出会いと、出会いが引き起こす小さな殺人事件を描く。

今回発表された相田、平泉、キムラ、木村はそれぞれ、アリスの母親役、父親役、花の母親役、バレエ教室の先生役で続投する。声優初挑戦の相田は、10年ぶりのキャラクターに「人として不完全なところが気に入っていました。今作品では、それぞれの人柄が更に際立っていて面白く、引き込まれてゆきます」。共演陣も「今回はもう一役、大事な役をやらせて頂いております。そちらもお楽しみ頂けたら嬉しいです」(平泉)、「アニメーションで二人がどうまた世界を愛おしいものにするのか、一緒に楽しみませんか」(木村)とコメントを寄せている。

また、前作で花の初恋相手・宮本先輩を演じた郭は、本作では教師役に挑んだ。「花とアリスの公開から10年経ちましたが、こんなに愛されている映画に参加させて頂けて今でもとても嬉しく思っています」と振り返り、「岩井さんとも久しぶりにお会いできて相変わらずの安心感といいますか、リラックスしながらアフレコに望むことができました。アニメになっても変わらないあの花とアリスのあたたかい雰囲気。堪能
して頂けたら幸いです」とアピールしている。

「花とアリス」の世界に初めて飛び込んだ勝地は殺人事件の鍵を握る男・湯田光太郎、黒木はふたりの担任教師・萩野里美、鈴木蘭々は同級生・陸奥睦美を演じる。

「花とアリス殺人事件」は、15年2月20日から全国で公開。

■関連記事
【動画】「花とアリス殺人事件」予告編
岩井俊二監督最新作「花とアリス殺人事件」、乙一氏による小説化が決定!
岩井俊二初の長編アニメは「花とアリス」の前日譚!蒼井優&鈴木杏も声優で参加
岩井俊二監督、“映画界を志したきっかけ”C・ガニオン監督と夢の対談
蒼井優、岩井俊二監督の変態ぶりは「無限大」と感服