ケイト・ハドソン

写真拡大

大ヒット青春ミュージカルドラマ『Glee』にゲスト出演していたケイト・ハドソンが、婚約者でロックバンドMUSEのメンバー、マット・ベラミーと婚約解消したことが明らかとなった。

【関連記事】ハリウッドのSEXYママ、大集合!

2010年に交際を開始した二人は、2011年4月に婚約。3ヵ月後の7月には、ケイトにとって第二子、マットにとっては第一子となるビンガム君が誕生している。

米Peopleによると、ケイトの代理人が、「ケイトとマットは、しばらく別居しています。ですが友好的な関係を保っていて、共同で育児に携わる予定です」と、同サイトに語っている。ケイトは以前のインタビューで、「すでに結婚してるようなものだし、急ぐつもりはないわ。結婚式のプランを立てる時間が、いつ取れるかによるわね」と、長引く婚約期間を気にする様子は見せていなかった。また、「私の両親は結婚していなかったわ。二人とも離婚を経験していたから、"夫婦になるために書類は必要ない"って思っていたのが理由の一つよ。私も結婚したからといって、全てがうまく行くとは限らないって分かっているもの」と語っている。

2007年10月、ケイトはロックバンド、ブラック・クロウズのフロントマンだったクリス・ロビンソンと離婚が成立している。彼女自身も離婚経験者だけに、余計にマットとの結婚を急ぐ気はなかったのかもしれない。

破局してしまったものの、ケイトとマットは、2週間程前に行われたケイトの母親で女優ゴールディ・ホーン(『バンガー・シスターズ』)のチャリティーイベントに参加。ゴールディをサポートするために、二人で一緒にイベントに姿を現している。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・霊感が強いケイト・ハドソン、幽霊を見たことがある!『Glee』ケイト・ハドソン、摂食障害の噂を一蹴!『SATC』のクリエイターが、オスカー女優ゴールディ・ホーンをヒロインに新作コメディを準備中