中国メディアの南方都市報はこのほど、日本の医療技術は世界的に極めて高い水準にあるとし、中国のがん患者が日本で治療を受けるケースが見られることを伝えた。(イメージ写真提供:123RF)サーチナ

近藤誠医師の「がん放置」理論に医学会からの批判が殺到

ざっくり言うと

  • 近藤誠医師は「がんと闘うな、放置せよ」と主張し、影響力が増大している
  • 医療界は、抗がん剤を拒み放置療法を望む方が増えていると批判を始めた
  • 近藤医師について、必要なケアもしないで本当に患者を放置すると指摘の声も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x