12月7日、秋の「ダート王決定戦」となるチャンピオンズカップが、中京競馬場(ダート1800m)で開催される。

 同レースが創設されたのは、2000年。これまでジャパンカップダート(以下、JCダート)の名称で、2007年まで東京・ダート2100m(2002年は東京競馬場の改修にともなって、中山・ダート1800mで開催)、2008年からは阪神・ダート1800mを舞台とし、国内初のダートの国際招待競走として行なわれてきた。それが今年、舞台とともに名称も変更し、リニューアル開催されることとなった。

 先日行なわれたジャパンカップ(11月30日/東京・芝2400m)は「史上最高」と称されるほどの豪華メンバーが顔をそろえたが、このチャンピオンズカップもそれに負けず劣らず、現在のダート界を代表するトップクラスの面々が集結。GI5勝(地方競馬のGIも含む。以下同)のホッコータルマエ(牡5歳)をはじめ、GI2勝のワンダーアキュート(牡8歳)、一昨年のJCダート(2012年12月2日)覇者ニホンピロアワーズ(牡7歳)に、昨年のフェブラリーS(2013年2月17日/東京・ダート1600m)の勝ち馬グレープブランデー(牡6歳)など、GI勝ち馬は過去最高の10頭を数え、ハイレベルな一戦になることは間違いない。

 そんな激戦ムード中、人気の中心となりそうなのが、今年GIを3勝しているコパノリッキー(牡4歳)だ。今年2月のフェブラリーS(2月23日)では、16頭中16番人気という低評価を覆(くつがえ)して快勝。直線早めに抜け出して、昨年のJCダート(2013年12月1日)の覇者であるベルシャザール(牡6歳)やホッコータルマエら人気馬をまとめて完封した。

 その際、いわゆる「番狂わせ」という評価も受けたが、コパノリッキーはその後、地方競馬のGI戦線で躍動。フェブラリーSの結果がフロックではないことを証明した。5月にかしわ記念(5月5日/船橋・ダート1600m)で完勝すると、続く帝王賞(6月25日/大井・ダート2000m)こそ2着に敗れるも、休み明けで臨んだ前走のJBCクラシック(11月3日/盛岡・ダート2000m)では終始先頭でレースを引っ張って、2着に3馬身差をつける圧勝劇を演じた。

 今回は、ひと叩きされての上積みが見込めるうえ、距離が短縮されることもプラス材料となり、戦前から高い評価を得ているのは頷(うなず)ける。

 とはいえ、コパノリッキーに不安要素がないわけではない。

 ひとつは、脚質面。中京競馬場は2012年春に新装オープンし、ダートコースも最後の直線が従来よりも長くなって、上り坂が加わった。そして、ダート1800m戦ではスタート位置が上り坂の途中にあるため、それが出足でスピードに乗りたい逃げ馬にとっては、ちょっとした足かせとなっている。これは、逃げ切りを図りたいコパノリッキーにとっては、決して好ましい条件とは言えない。

 改装以降、今回と同じダート1800m戦で行なわれた1000万条件以上のレースは17競走あったが、逃げ切り勝ちはわずかに3回。この数字からも、逃げ馬にとっては厳しいコースであることがわかる。

 ふたつ目は、時計面。中京のダート1800m戦は、坂があるわりには時計の速い決着になりやすい。前述した17競走のうち、実に10競走が1分51秒台を切っていて、ダート1800m戦のベストタイムが1分52秒3(中山)というコパノリッキーにとっては、懸念材料となる。

 確かに、前走のJBCクラシックではコースレコードで勝っているが、盛岡競馬場のダート2000mを舞台にして行なわれたこのクラスのレース(GI)は今回を含めて2回だけ。しかも、当日は水の浮いた時計の出やすい馬場だった。時計不安を払拭するほどの強調材料にはならないだろう。振り返れば、フェブラリーSの勝ち時計1分36秒0も、過去10年の中で2番目に遅いタイムだった。

 そしてもうひとつ、コパノリッキーにとっては嫌なデータがある。昨年までのJCダートにおいて、JBCクラシック勝ち馬が振るわなかったことだ。JBCクラシックが始まった2001年以降、JBCクラシック、JCダートの両レースを制した馬は、2007年のヴァーミリアン一頭のみ。昨年、1.9倍という圧倒的な人気を誇ったホッコータルマエでさえ、JBCクラシックを快勝しながら、JCダートでは勝利を逃している(3着)。

 最後に、興味深いデータをひとつ。JCダートが新設されて以降、同年のジャパンカップの勝ち馬と、JCダートの勝ち馬の年齢が同じだったことが、過去14回中2回しかないこと(2001年のJC=ジャングルポケット、JCダート=クロフネ。ともに3歳。2011年のJC=ブエナビスタ、JCダート=トランセンド。ともに5歳)。そして今年、ジャパンカップで頂点に立ったのは、4歳馬のエピファネイアだった。何ら根拠はないものの、コパノリッキーに限らず、有力馬がそろう4歳勢の陣営としては、気になる傾向と言えるのではないだろうか。

 そうした状況を踏まえて、断然の1番人気が予想されるコパノリッキーや、活きのいい4歳勢に代わって浮上しそうなのが、実績豊富なベテラン勢である。なかでも注目したいのが、ローマンレジェンド(牡6歳)とニホンピロアワーズの2頭だ。ともに昨年、今年とGI戦線で目立った結果を残していないものの、冒頭で記したように、ニホンピロアワーズは一昨年のJCダート勝ち馬で、ローマンレジェンドは同レースで1番人気(4着)に推された実力馬。展開次第では、今回復活を果たしても不思議はない。

 まず、ローマンレジェンドの強調材料として挙げられるのは、コース実績である。

 ローマンレジェンドは4歳時、一昨年のJCダートの前までに破竹の6連勝を飾った。そのとき、今回と同じ条件で行なわれたオープン特別に出走。1分49秒4の好時計を出して圧勝しているのだ。このタイムは、改装後の中京ダート1800m戦では2番目に速いタイムとなっている。

 また、5歳以降は故障などもあって、4歳時ほどの勢いが見られなかったものの、7カ月ぶりに出走した前走エルムS(7月27日/札幌・ダート1700m)では、今回も有力馬に挙げられるクリノスターオー(牡4歳)やインカンテーション(牡4歳)を退けた。明らかに復調気配にあるローマンレジェンド。管理する藤原英昭調教師も、チャンピオンズカップに向けて前向きな言葉を口にした。

「4歳のときは押せ押せでやっていって、JCダートではお釣りが残っていなかった。その後、東京大賞典(2012年12月29日/大井・ダート2000m)には勝てたけど、押せ押せでやってきたダメージが5歳になってから出てしまったのかもしれない。でも、じっくりと間隔を空けて立て直してきたことで、怪我の功名か、ここに来ていい頃の雰囲気が戻ってきた」

 一方のニホンピロアワーズも、今回と同じ舞台の東海S(1月26日)で、非常にスムーズな競馬を見せて快勝。コース実績から復活気配がうかがえる。

 実は、ニホンピロアワーズが左回りのレースに出走したのは、7歳にして東海Sが2度目のこと。おまけに、初勝利だった。というのも、陣営がかねてより「左回りには少し難がある」として、右回りのレースばかり選んできたからだ。ところが今年に入って、その東海S、さらにはダイオライト記念(3月19日/船橋・ダート2400m)と、苦手だったはずの左回りのレース、それも重賞で2勝を挙げた。

 ダイオライト記念を勝ったあと、主戦の酒井学騎手はこう語った。

「今でも(ニホンピロアワーズは)左回りだとフワッと力を抜いたり、少しもたついたりすることはありますよ。ただ、それがどこで出てくるのかがわかるようになった。そのため、こちらも対処方法が明確になって、それが成績につながっている、というのはあります。そういう意味では、注意すべき点がはっきりしている分、今は左回りのほうが乗りやすいかもしれません」

 苦手と思われた左回りが今や得手となったニホンピロアワーズ。左回りの中京競馬場に変わった今年、2012年のJCダートに続いて、2度目の栄冠を手にしてもおかしくない。

 ダート路線においては、活躍馬の息が長い。時として、ベテラン勢が大仕事をやってのけることも少なくない。「世代交代」も騒がれるダート界だが、リニューアルされた大舞台で古豪の一発に期待したい。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu