【書評】『スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は 繰り返されるのか』池谷孝司著/幻冬舎/本体1400円+税

池谷孝司(いけたに・たかし):1988年共同通信社入社。2014年7月から宮崎支局長。著書に『死刑でいいです 孤立が生んだ二つの殺人』(編著、新潮文庫)、『ルポ 子どもの貧困連鎖 教育現場のSOSを追って』(共著、光文社刊)など。

【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター)

 本書を読んで強く感じるのは、被害を受けた女子生徒の心の傷の深さと同時に、加害者である男性教師の心の弱さ、未熟さ、愚かさである。

 性的ないやがらせ発言から強姦に至るまで、学校で起きる性被害を総称して〈スクールセクハラ〉と呼ぶ。ここ数年、わいせつ行為で停職や懲戒免職に処せられた公立小中高校の教師は年間百数十名から二百名近くで、被害者は教え子が半数だという。

 だが、その数字は氷山の一角に過ぎないようだ。本書も指摘するように、スクールセクハラは密室での出来事ゆえに発覚しにくく、生徒が訴えても教師は否定し、学校は体罰やイジメ以上に隠蔽したがるからだ。

 本書は、男性教師から女子生徒へのスクールセクハラのケースをいくつか詳細にルポしている。被害者とその家族だけでなく、加害者も取材した点が優れている。

 ひとつ目は、妻のいる中年教師が高校生の教え子と性的関係を持ったケース。教師は進路指導の場で生徒に自分の個人的な悩みを打ち明け、ストレス解消のためと称して生徒をカラオケに誘う。そして、内申書の点を握られている弱みや自分が特別扱いされた優越感からつい応じてしまった生徒を車でラブホテルに連れ込み、押し倒す。

 その後は大学進学への影響力をちらつかせ、関係を継続させた。生徒は遠方の大学に進学して教師から逃げたが、自尊心を傷つけられて自己評価が低くなり、摂食障害に悩むなど苦しみ続けた。

 ふたつ目は、妻子ある中年教師が小学校高学年の女子生徒に対し、強引にキスし、ホテルで抱きしめ、服を脱がせるといったわいせつ行為を繰り返したケースだ。母子家庭に育ったがゆえに父親代わりとして思慕してきた生徒の心に付け入ったのである。性の意味を十分に理解していない生徒は恐怖や困惑に陥り、自尊感情を失った。

 いずれも〈特別権力関係〉(生徒を指導するため教師に特別な権力が与えられていること)にあることを利用したケースである。そうでありながら非常に興味深いのは、2人の教師がともに、「生徒に恋愛感情を抱いていた」と話している点だ。

 最初のケースの教師は女子高生に〈ふるさとの母を求めているような気持ちだった〉、ふたつ目のケースの教師は〈大人同士の対等な恋愛のように勘違いしました〉と述べるのである。気味が悪いのは、それらがあながち罪を逃れるための作り話とも思えないことだ。ちなみに、後者の教師は小児性愛者ではないとされている。

 本来、思春期の揺れる心を理解し、過ちを犯さないように導くのが教師の役割だとすれば、2人の振る舞いは卑劣な裏切りである。それに対して著者は、〈強烈な怒りに突き動かされて〉〈取材を続けてきた〉と書く。だが、まるで検事か裁判官のように正義を振りかざして教師を断罪する著者の立ち位置には違和感を覚える。

 むしろ、真実を言い当てていると思ったのは、本書の内容が当初、新聞連載されたときに読者の主婦から寄せられたという次の言葉だ。〈人間の弱さやおろかさを感じます。誰にでもあり得るんだな、と思いました〉。男性教師、あるいは男性一般が自分の心の中に巣食う弱さ、未熟さ、愚かさに自覚的になることが、スクールセクハラ防止にとって必要なのではないだろうか。

※SAPIO2014年12月号