数多ある日本の競馬競走の中で、もっとも世界中から注目を集めるのが今週末に行なわれるGIジャパンカップ(東京・芝2400メートル)である。今年はロンジンがオフィシャルパートナーとなって、よりそのプレゼンスが高まり、世界が認める日本最高峰の競走らしく日本から9頭ものGI馬が顔を揃えた。

 凱旋門賞からの帰国初戦を迎える「ロンジンワールドベストレースホースランキング1位」のジャスタウェイや、ドバイシーマクラシックを制したジェンティルドンナといったように、国外でGI勝ちを収めた馬が2頭も出走するのはもちろんレース史上初めてのこと。その他の出走馬も含めて、2006年から続いている日本調教馬の連勝が今年も濃厚と思える陣容である。

 一方で、すっかり水をあけられる形となってしまった外国招待馬は3頭と、今年は過去最も少ない頭数となってしまった。キラ星のような日本勢を前に、すっかり霞んでしまいそうだが、3頭いずれもが地元を代表するに値する戦績を持っており、一概に外国馬だからと軽視できない存在だ。

 目玉となるのは、昨年のGIアイルランドダービー(カラ・芝12ハロン=約2400メートル)馬、トレーディングレザー(牡4)の参戦だ。馬主はUAEドバイの首長であるシェイク・モハメド氏率いるゴドルフィン(※)、管理するのはエイダン・オブライエン調教師などの師匠筋でもあるジム・ボルジャー調教師で、ジャパンカップへの出走を決断したこと自体が驚かされる1頭だ。それだけに物見遊山ということはなく、相応の勝算があってのものだということが伝わってくる。
※UAE、ドバイの王族マクトゥーム家による競走馬管理団体

 そのアイルランドダービーでは、昨年の英国ダービー馬で、後にフランスGIニエル賞で、日本ダービー馬キズナと大接戦を演じるルーラーオブザワールドを下しており、続くGIキングジョージ6世&Qエリザベスステークス(アスコット・芝12ハロン)では自身もコースレコードで2着に好走している。その後は4歳秋まで6戦して勝ち星はないものの、常に一線級相手に好走を続けており、単なる早熟馬というわけでもない。

 また、"キングジョージ"でのレコード好走もあるように、いかにも欧州的な重い馬場よりも高速馬場を好むタイプ。

「最後の直線で追い込むことを考えているが、どの馬番になるかでポジションは変わってくるので...」と手綱を取るケヴィン・マニング騎手はレースでの位置取りを示唆しているが、いざとなれば、逃げの手にも出られる先行力もある。しばしば欧州からの参戦馬に見られる、追走に手間取るようなこともなさそうだ。

 ゴドルフィン、ボルジャー調教師ともに世界的に影響力が大きいだけに、ここで好走の事例を作れば、再び海外からのタレントが豊富に集まることも期待できる。モハメド殿下自身は96年にシングスピールでこのレースを制しているが、ゴドルフィンとしては、2回の3着(99年ハイライズ、00年ファンタスティックライト)があり、久々の日本遠征で是が非でも結果を出したいところだろう。

 アイヴァンホウ(牡4)も軽視できない。今年のドイツGIバーデン大賞(バーデンバーデン・芝12ハロン)で、当時の前売り段階で凱旋門賞1番人気だったシーザムーンを破っている。そのレースこそ5番人気だったが、3歳時のドイツダービーでは1番人気に支持された逸材で、4歳になって、いよいよ素質を開花させつつある。

 バーデン大賞では後方のインコースを追走から、直線では大外に持ち出して豪快にシーザムーンを差し切った。凱旋門賞こそ18着に敗れたものの、続くドイツGIバイエルン大賞(ミュンヘン・芝12ハロン)も制しており、9〜11月だけでGIを2勝というのがその充実ぶりを物語っている。

 一方で気になるのは日本の高速馬場への対応だ。共同会見でもジャンピエール・カルヴァロ調教師は「軟らかい馬場が得意なので、できれば雨が降って欲しい」と漏らしており、パンパンの良馬場は歓迎していないようだ。凱旋門賞での大敗についても外枠(19番)を引いたことと、水分の少ない今年の馬場も影響があったのではないか、と会見後に述べている。

 しかし、似たケースとして、93年のジャパンカップで4着となった同じくドイツのプラティニも、いきなり大幅にタイムを縮めてみせた。昨年5着のドゥーナデンも、どちらかといえばパワータイプのステイヤーの印象が強かったが、直線であわやと思わせるキレを見せた。今年勝った2つのGIはいずれも力の要る馬場で60キロの斤量を背負ってのもので、整地された馬場で57キロとなることで新たな一面を見せたとしても不思議はない。

 レーティングは3頭中最も低いカナダのアップウィズザバーズ(牡4)だが、3頭の中で最も早く日本入りするなど、高い意欲を見せている。

 レーティングが示すように、ここまでの実績は抜けて高いわけではないが、3歳時には地元カナダの3歳三冠の最高峰とされるブリーダーズステークス(ウッドバイン・芝2400メートル)を制しており、返す刀でニューヨークに遠征すると、GIジャマイカハンディキャップ(ベルモントパーク・芝1800メートル)も制して、昨年のカナダの年度代表馬となった。

 4歳を迎えてからは7月のGIIニジンスキーステークス(ウッドバイン・芝1800メートル)の1勝のみだが、ここで1分45秒7という破格のタイムを叩きだしており、日本特有の高速決着への適性を垣間見せている。その後、再びアメリカ本土に遠征したが、本来なら向かうであろう北米競馬の祭典ブリーダーズカップには見向きもせず、ジャパンカップに向けてのローテーションが採られた点も不気味だ。

 同じような戦績としては91年のジャパンカップで、断然人気のメジロマックイーンを並ぶ間もなく交わし去ったゴールデンフェザントを彷彿とさせる。同馬はアメリカ調教馬だったが、前年にGIアーリントンミリオンステークスを制し、直前はブリーダーズカップをまったく意識しないローテーションで来日している。また同じように、サンタアニタパーク競馬場芝9ハロン(=約1800メートル)で1分45秒台の早い勝ちタイムでレースを制している。

「アーリントンミリオンの後から、ジャパンカップ参戦を真剣に考え始めた」

 木曜日の共同会見でも、マルコム・ピアース調教師はそのローテーションについて計画的なものであることを強調している。彼はオーナーであるサムソンファームの専属で、同ファームは98年にチーフベアハートを送り込んで、4着に好走させている点も強調材料だろう。

 少数精鋭とも言える外国馬は、久しぶりにジャパンカップに風穴を開けられるか、今年も興味は尽きない。

土屋真光●取材・文 text by Tsuchiya Masamitsu