ピースの綾部祐二

写真拡大

26日深夜放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)で、ピース綾部祐二が、吉本のギャラ配分を暴露し、出演者を驚かせる場面があった。

番組では、出演者たちが所属事務所のギャラ事情について語ったが、玉袋筋太郎は自身の「オフィス北野」について「うちはもう、やった分だけの歩合制です」と明かした。

さらに、玉袋は「上の殿(ビートたけし)から(たけし)軍団さんいって、浅草キッドまでは7:3。こっち7、向こう3」と具体的なギャラの配分まで明らかにした。なお、玉袋より格下のタレントは6:4になるのだという。

すると、綾部は「我々吉本は(ギャラの配分が)1:9ですから」と告白し、スタジオからは驚きの声が上がった。

綾部は吉本のギャラ配分について「10万円の仕事したら、1万円が僕らで、9万円が会社なんですよ」と、例を挙げて説明した。取り分の1万円より源泉徴収でさらに差し引かれるため、コンビで仕事をこなした場合、1人当たりわずか4,500円しか手元に残らないのだという。

【関連記事】
有吉弘行、事務所を通さない「闇営業」のギャラ相場を暴露
ピースの綾部祐二、自分のコーナーを理不尽な理由で収録中止され怒鳴り声をあげる
浅草キッド・玉袋筋太郎、食事会でタモリに「いいとも!」後番組についてやんわり質問