厳選!2歳馬情報局
第20回:ミッキーオリビエ&エトランドル

 2歳馬のレースは、2000m以下の"短・中距離戦"で行なわれるが、翌年の日本ダービー(東京・芝2400m)や菊花賞(京都・芝3000m)では、それよりもスタミナを要す"長距離戦"でしのぎを削る。そのため、これらの舞台を見据える2歳馬にとって、「長い距離への適性」は重要な要素になる。

 そんな距離適性において、まだデビュー前ながら、スタッフの期待を集めている馬がいる。栗東トレーニングセンター(滋賀県)の音無秀孝厩舎に所属する、ミッキーオリビエ(牡2歳/父キングカメハメハ)だ。

 ミッキーオリビエの母は、2009年のGIII京成杯オータムハンデ(中山・芝1600m)を制したザレマ(牝/父ダンスインザダーク)。獲得したタイトルはそのひとつだが、彼女は牝馬限定の重賞レースの"常連"で、度々上位に食い込んでいた。

 関西競馬専門紙のトラックマンが、ミッキーオリビエに対する陣営の期待を伝える。

「大きな馬体ながらも、走りは素軽く、音無調教師はかなり気に入っているようです。『走り出しはエンジンのかかりが遅いけど、スピードに乗るといい走りをする』とのことで、長めの距離が合うと考えているみたいですね。デビュー戦は、11月30日の2歳新馬(京都・芝1800m)を予定しているようです」

 ザレマの初仔であり、ミッキーオリビエの兄にあたるバフチサライ(牡/父チチカステナンゴ)は、5戦0勝と結果を残せなかった。しかし、その兄も母も管理した音無調教師によれば、「兄とはタイプが違い、お母さんに似ている」とのこと。その評価からも、同師の密かな自信が伝わってくる。デビュー戦の結果次第では、ダービー馬候補にリストアップしてもいいかもしれない。

 そしてもう一頭、長距離戦での活躍が見込まれている馬がいる。栗東トレーニングセンターの友道康夫厩舎に所属する、エトランドル(牡2歳/父ハービンジャー)だ。

 エトランドルの兄は、2013年のGII目黒記念(東京・芝2500m)を勝ったムスカテール(牡6歳/父マヤノトップガン)。長距離戦では、芝・ダートを問わず好走している活躍馬だ。

 エトランドルも兄に似ていて、「長めの距離で期待できる」という。前述のトラックマンが語る。

「兄も管理する友道調教師は、『体が大きくて、馬っぷりからも素質が伝わってくる』 と評価。ムスカテールと同様、『レースを使いながら、長距離戦で力を発揮してくるはず』と奥の深さを感じている様子です。とはいえ、すでにデビュー前の調教の動きは水準以上。友道調教師は『レースを使いながら』と言っていますが、初戦から力を発揮できるかもしれません」
 
 エトランドルのデビュー戦も、ミッキーオリビエと同じく、11月30日の2歳新馬(京都・芝1800m)が予定されている。将来有望な"長距離ランナー"2頭の初陣に注目だ。

河合力●文 text by Kawai Chikara