22日、イヌが主人公で、日本のCM好感度1位の座を長年守り続けているSoftbankのCM「白戸家」シリーズが韓国でも話題を集め、「見ているうちに、本当の家族みたいに思えてくるから不思議」などの感想を寄せている。写真はソフトバンクの孫正義社長。

写真拡大

2014年11月22日、「人気の理由は何と言っても、『お父さん』の魅力でしょう!」。イヌが主人公で、日本のCM好感度1位の座を長年守り続けているSoftbankのCM「白戸家」シリーズが、韓国でも話題を集めている。韓国のネットユーザーは「見ているうちに、本当の家族みたいに思えてくるから不思議」などの感想を寄せている。

【その他の写真】

「白戸家」シリーズは、2007年6月にCMデビュー。当初はお父さんも人間で家族構成されていたが、Softbankの孫正義社長の要望でイヌを使うことになった。それが評判となり、日本のCM 総合研究所が7月に発表した14年上半期銘柄別CM好感度ランキングでも1位に選ばれ、11年下半期より6期連続で1位の座を守り続けている。

一連のシリーズはCMの枠を超えた連作ショート・ドラマとしても認知され、白戸家は「サザエさん」の磯野家、「ちびまる子ちゃん」のさくら家と並んで日本の“国民的一家”とも呼べる存在となっている

韓国のネット上で「日本で不動の1位を守り続ける人気CM」として紹介されると、ネットユーザーからは
「イヌがお父さんなの?」
「柴犬だと思って調べたら、『北海道犬』だって」
「人気の理由は何と言っても、『お父さん』の魅力でしょう!」
「イヌがかわいい。韓国の珍島犬みたい」
「どうしてお父さんがイヌで、長男が外国人なのかはわからないけれど、あまりにもかわいらしくて何度も見てしまう」
などのコメントが集まり、お父さん犬に人気が集中。

さらに、ほのぼのとした描写に
「日本のCMって面白い!」
「見ているうちに、本当の家族みたいに思えてくるから不思議」
「イヌだろうがどの国だろうが、年の差もなんのその、誰でも家族になれるというコンセプトが素敵」
「Softbankユーザーはみんな『家族』だから、Softbank同士の通話は無料ってことだね。素晴らしいアイデア!」
などの賛辞が相次いだ。(編集/KU)