ドルトムントのクロップ監督 疑惑の判定や選手負傷など続く不運に嘆きSOCCER KING

ドルトムントのクロップ監督 疑惑の判定や選手負傷など続く不運に嘆き

ざっくり言うと

  • ドルトムントは22日、パダーボルンと対戦して2―2の引き分けに終わった
  • クロップ監督はオフサイド判定に納得せず「3―1での勝利が妥当」と話した
  • また、マルコ・ロイスが再び負傷し不運が重なった形となった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x