『パカパカファーム』成功の舞台裏
連載●第43回

2001年の開場から13年、パカパカファームは着実にステップアップしてきた。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制覇。さらにその後もコンスタントに有力馬を輩出し、20頭そこそこの繁殖牝馬しかいない小牧場としては大成功を収めている。それでも、代表のハリー・スウィーニィ氏は、「成功してはいない」と言う。はたして、牧場にとっての"成功"とは何なのか、そしてスウィーニィ氏が求めるモノとは――。

 競走馬に携わる人たちが最大の目標とする、日本ダービーのタイトル。アイルランドから日本に渡り、パカパカファームを開場したハリー・スウィーニィ氏は、2012年にその栄冠を手にした。2001年の開場からわずか11年、生産馬ディープブリランテによってその快挙は成し遂げられた。

 ディープブリランテがダービーを勝ったあとは、これまでと比べ物にならないほどパカパカファームの知名度は上がった。セリ市などにおける仔馬の注目度も、格段に高まったという。まさにそれこそが、ダービー勝利の効果だった。

 しかし、この状況でもスウィーニィ氏は、「まだ牧場として、『成功した』とは言えない」と険しい表情を見せる。「ダービー馬が1頭出ただけでは、10年後も牧場が好調かどうかはわからないから」というのがその理由だ。そして彼は、牧場の成功ラインとして、こんな考えを披露した。

「できれば、ダービーを3回、勝ちたいです。ブリランテで1度勝ったので、あと2回ですね。もちろん、それはすごく難しいこと。でもそのくらいできないと、本当の意味でパカパカファームのブランドは確立されません。私はこれからもずっと日本で牧場をやるつもりなので、とにかく死ぬまでにダービーを3勝したい。そこまでできれば、牧場として『成功した』と言えます」

 近年、馬産地からは、名門牧場の閉鎖のニュースが相次いで報じられている。メジロ牧場(三冠牝馬のメジロラモーヌや、GI5勝のメジロドーベルなどを輩出)や、カントリー牧場(2002年のダービー馬タニノギムレットや、ダービーを含めてGI7勝を挙げたウオッカを輩出)などが、その最たる例だろう。一時代を築き、栄華を誇った大牧場でさえも、決して安泰とは言えない現実があるのだ。

 そのような背景も踏まえて、スウィーニィ氏は「ダービー3勝」という成功ラインを掲げたのだった。

 では、その成功ラインへと達するために、パカパカファームではこれから何をしていくべきか。すでにスウィーニィ氏の頭の中には、牧場をさらに発展させるためのプランがいくつか描かれていた。そのひとつが、生産規模の拡大だ。

「パカパカファームは、これまで年間20頭ほどの生産規模でした。でも、来年は頭数を増やして、29頭の仔馬が生まれる予定です。頭数を増やした理由はさまざまですが、まずは日本の景気が少し良くなったことが挙げられます。JRAの馬主登録申請も、それなりに増えたようですしね。それに、日本は今後、2019年にラグビーのW杯、2020年には東京オリンピック・パラリンピックが控えていますから、しばらくは景気が落ち込まないはず。そうした状況にあって、パカパカファーム自体の評価も少しは上がっていますから、頭数を増やすにはちょうどいいタイミングだと思いました」

 近年における競走馬のセリ市を見ても、景気の良さは如実に表れている。例えば、日本最大の競走馬のセリ市「セレクトセール」(例年7月に北海道苫小牧市のノーザンホースパークで開催)では今年、過去最高の落札額となる125億7505万円を計上。レコードとなった昨年の落札総額(117億6470万円)を大幅に上回った。

 また、毎年パカパカファームから多くの仔馬が上場される「サマーセール」(例年8月に北海道新ひだか町で開催)でも、今年の売却率(上場頭数のうち売却された頭数の割合)は、61.3%と過去最高だった。5年前の2009年が36.8%だったことを考えると、飛躍的に伸びていることがわかる。売却率と同様に、セール全体の総売上額も上昇。こちらも、今年は過去最高の28億5760万円を記録した。こうした状況も鑑(かんが)みて、スウィーニィ氏は「頭数を増やすにはいい時期」だと考えたという。

 景気の良さと牧場の知名度が向上したことによる、生産規模の拡大。それに合わせてスウィーニィ氏は、着々と新たな繁殖牝馬を購入している。そして、この繁殖牝馬選びも、これまで以上に長期的な視点で行なうようになったようだ。

「パカパカファームが出来たばかりの頃は、すでに産駒が日本で活躍している繁殖牝馬を、世界中探し回って購入してきました。ブラックホーク(1999年スプリンターズSと2001年安田記念を優勝)の母であるシルバーレーンや、メイショウドトウ(2001年宝塚記念を優勝)の母プリンセスリーマが、その例です。でもこれらの繁殖牝馬は、実績はあるものの、購入時には高齢で、2、3年しか出産できないリスクがありました。そこで今は、まだ繁殖牝馬としての実績がなくても、産駒の活躍が見込める血統であることを前提に、10年は活躍できる若い母馬を探しています。若い母馬のほうが、私たちも長いスパンで配合や仔馬の育て方を考えていけますから」

 繁殖牝馬は、一般的に若いほうが金額は高くなる。その分、お金もかかってしまうが、スウィーニィ氏は、「ダービーを勝って、その後も活躍馬が出てくれたおかげで、昔よりは多少お金があります(笑)。ですから、今のうちに若い牝馬を買っておくんです」と語った。

 生産規模の拡大の他にも、今後の牧場発展のために進行していることがある。例えば、パカパカファームのコミュニケーションマネージャーであるケイト・ハンター氏は、競馬場などで馬主や調教師とのコネクション作りに務めている。「牧場の馬が活躍するには、さまざまなコネクションを作ることが重要」という、スウィーニィ氏の考えから生まれた取り組みだ。

「牧場が忙しいときは、たとえ生産馬が大レースに出走するとしても、私が競馬場に行くわけにはいきません。レースを現場で観戦しても、牧場にいる仔馬の将来には関係ありませんからね。私が何より重要視すべきことは、生まれてくる仔馬たちのチェックをすること。それが、仔馬の将来にも、牧場の未来にもつながっていきます。となると、私の代わりに競馬場に行って、いろいろなつながりを作るスタッフが必要だと思ったんです」

 生産頭数の増加や、コネクション作りの徹底など、ダービー馬を輩出してからも、新たなチャレンジを続けているパカパカファーム。それらの先には、「ダービー3勝」という、厳しくも、明確な目標があるのだろう。

 牧場の未来について、詳細なビジョンを掲げているスウィーニィ氏。彼は、今後の日本競馬についても、提案したいアイデアがあるという。次回は、スウィーニィ氏による「日本競馬への提言」をお伝えする。

(つづく)

ハリー・スウィーニィ
1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働くと、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara