ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

「秋のマイル王決定戦」マイルCS(京都・芝1600m)が11月23日に開催されます。

「春のマイル王決定戦」の安田記念(6月8日/東京・芝1600m)は、ジャスタウェイ(牡5歳)が勝利しました。そのジャスタウェイは今回、次週のジャパンカップ(11月30日/東京・芝2400m)に向かうため出走しませんが、2着グランプリボス(牡6歳)をはじめ、安田記念に出走した17頭中、10頭がこの舞台に挑んできました。さらに、安田記念には出ていませんが、昨年のマイルCS(2013年11月17日)で2着のダイワマッジョーレ(牡5歳)、同6着のサンレイレーザー(牡5歳)が参戦。古馬のほとんどが、一度は対戦経験のあるメンバー構成となりました。

 だからといって、これまでの結果どおりに収まらないのが、競馬です。なおかつ、安田記念は極悪馬場で行なわれ、力を出し切れずに終わった馬がたくさんいたと思います。今回、巻き返しがあっても、おかしくありません。

 昨年のマイルCSの覇者トーセンラー(牡6歳)は、その候補と言えるでしょう。安田記念では14着と大敗しましたが、トーセンラーは跳びがきれいで、強烈な決め手が武器。あの馬場では、実力の半分も出せなかったのではないでしょうか。

 安田記念のあとは休養し、秋の復帰戦には京都大賞典(10月14日/京都・芝2400m)を選んできました。通常、マイルCSを目指すのであれば、毎日王冠(10月12日/東京・芝1800m)か、富士S(10月25日/東京・芝1600m)、もしくはスワンS(11月1日/京都・芝1400m)あたりが始動戦となりますが、昨年本番で結果を出したからか、今年も同じローテーションで挑んできましたね。

 芝2400m戦からマイルのGI戦に向かうというのは、このトーセンラー以外、記憶にありません。ただ、2400mの競馬とマイルの競馬には共通するところがあります。それは、自らが理想とする好位置につけて、折り合い、そして終(しま)いの脚をためることです。まして、京都大賞典とマイルCSが行なわれるのは、同じ京都芝の外回り。仕掛けどころがイメージしやすく、前哨戦としては意外に合っているのかもしれませんね。

 京都大賞典では、昨年と着順も同じ(3着)だったトーセンラー。本番に向けて、上々の過程を経て、今年も有力馬の一頭であることは間違いないでしょう。

 新興勢力としては、この秋はマイル戦に新味を求めてきたロゴタイプ(牡4歳)、そして3歳馬のタガノグランパ(牡3歳)とホウライアキコ(牝3歳)がいます。そのうち、異色な存在として気になるのは、タガノグランパです。

 同馬は今春、芝1400m戦の重賞ファルコンS(3月22日/中京)を制しながら、その後、NHKマイルC(5月11日/東京・芝1600m)には見向きもせず、皐月賞(17着。4月20日/中山・芝2000m)、ダービー(4着。6月1日/東京・芝2400m)とクラシックレースに出走。3歳春の"王道"を歩んできました。

 確かに、距離適性を無視してもダービーに出走することはよくあるので、そこまではそれほど驚くことではありませんが、なんとタガノグランパはこの秋、菊花賞(10月26日/京都・芝3000m)にも参戦したのです。短距離重賞の勝ち馬としては、異例なことだと思います。

 しかも、ダービーにしても、菊花賞にしても、しっかりと長い距離に対応。それぞれのレースで4着と好走したことには驚かされました。単純に距離適性というよりも、折り合いがつくようになって、距離の融通が利くようになったのでしょうね。

 そうは言っても、距離が短いレースのほうが、決め手が鋭かった印象があります。そういう意味では、タガノグランパにとってマイルCSは、待ちに待った舞台と言えるのではないでしょうか。どんな競馬を見せてくれるのか、楽しみです。

 さて、このレースの「ヒモ穴馬」には、毎日王冠でも注目していたワールドエース(牡5歳)を取り上げたいと思います(10月11日配信「毎日王冠、厩舎に勢いある3歳馬が波乱を起こす」)。

 そのときにもお伝えしましたが、ワールドエースは2年前のダービー(2012年5月27日)で1番人気に推されたほどの馬。その資質はGI級であることは疑いようがありません。

 前走の毎日王冠は、13着と不甲斐ない結果に終わりました。しかし、レース前から少し気負っていたこと、出負けしてまったく流れに乗れなかったこと、展開が向かなかったことなど、何もかもがワールドエースにとって、悪いほう、悪いほうへと傾いていました。まったく「度外視していいレース」とまでは言いませんが、今回"一変"する余地は残っていると思います。

 鞍上は、P・ブドー騎手(21歳/フランス)。まだ若いジョッキーですが、結果は出しています(2013年フランスリーディング3位。今秋、10月25日〜12月28日までのJRA短期免許を取得。11月21日現在46戦7勝)。地元フランスでもGI勝ちがありますし、大舞台に立っても物怖じすることはないでしょうから、期待が持てます。

 京都のマイル戦は、かつてコースレコードを記録した舞台(4月27日のマイラーズC。タイムは1分31秒4)。相性のいいコースで、ワールドエースが真の実力を発揮してくれることを願っています。

 ところで余談ですが、この秋のGIは「重賞未勝利馬」が勝っていることが話題になっています。実は同時に、最初の3戦(スプリンターズS、秋華賞、菊花賞)は調教師が、その後の2戦(天皇賞・秋、エリザベス女王杯)はオーナーが、初のGI制覇を果たしています。こちらも非常に珍しいことだと思います。今回も、勝てばGI初勝利というオーナーが何人かいますね。前述したタガノグランパのオーナーがそのひとりです。