フランク・ゲーリーがシドニー工科大学の建築を手がけ物議醸す

ざっくり言うと

  • 建築家フランク・ゲーリー氏が手がけたシドニー工科大のビルが、話題だ
  • 東と西で表情がガラリと違うのが特徴で、「茶色の紙袋」と呼ばれているとか
  • 総工費1億8000万豪ドル(183億円)とされ、2015年2月にオープンする

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x