11月23日(日)に行なわれるGIマイルCS(京都・芝1600m)。秋の"マイル王"を決めるこの戦いは、サダムパテック(牡6歳/父フジキセキ)、グランプリボス(牡6歳/父サクラバクシンオー)、ロゴタイプ(牡4歳/父ローエングリン)といったGI馬に加え、ダノンシャーク(牡6歳/父ディープインパクト)やクラレント(牡5歳/父ダンスインザダーク)、ワールドエース(牡5歳/父ディープインパクト)やフィエロ(牡5歳/父ディープインパクト)など、能力を秘めた有力馬が多数ひしめき大混戦が予想される。それでも、主役を務めるのは2頭のマイルGI馬となりそうだ。

 その一頭は、今年のNHKマイルC(5月11日/東京・芝1600m)を勝利したミッキーアイル(牡3歳/父ディープインパクト)。同馬は、昨年9月のデビュー戦こそ2着に敗れたものの、その後は「逃げ」の戦法で破竹の5連勝。自身の戦法さながら、一気にGIタイトルを手にした。

 NHKマイルCのあとに挑んだGI安田記念(6月8日/東京・芝1600m)では、大雨による不良馬場に足をとられ、16着と大敗を喫したが、秋初戦のGIIスワンS(11月1日/京都・芝1400m)では、古馬相手にきっちり勝利。今回こそ、3歳馬と古馬による「統一マイル王」の獲得を目論んでいる。

 もう一頭は、昨年の覇者トーセンラー(牡6歳/父ディープインパクト)。同馬は、無類の「京都巧者」で、これまで挙げた4勝はすべて京都競馬場でのもの。昨夏までは長距離戦を中心に活躍していたが、得意な京都でのGIを優先して、昨秋のマイルCS(2013年11月17日)に参戦。結果、初の1600m戦にもかかわらず、ラスト600mを33秒3の豪脚で快勝した。

 そして今年も、秋はGII京都大賞典(3着。10月14日/京都・芝2400m)を叩いて、マイルのGI舞台に臨むトーセンラー。京都大賞典3着からの参戦は昨年と同じローテーションで、連覇の可能性を匂わせている。

 しかし、この2頭のどちらかが「すんなり勝ち切れるか?」と言われると、疑問が残る。

 まずミッキーアイルについては、3歳馬にとってこの舞台が"鬼門"であることが理由。毎年、3歳馬はそれなりに挑戦しているものの、優勝したケースは、2000年のアグネスデジタル(牡)までさかのぼらなければいけない。3歳馬が勝つには、かなり厳しい現実がある。

 また、ミッキーアイルのレースぶりも不安だ。同馬が逃げ切ったNHKマイルCは、あくまでクビ差勝ちの"辛勝"。1分33秒2という勝ちタイムも、翌週に同条件で行なわれた古馬牝馬のGI、ヴィクトリアマイル(5月18日/東京・芝1600m)よりコンマ9秒も遅かった(※ヴィクトリアマイルの勝ちタイムは1分32秒3。勝ち馬ヴィルシーナ)。古馬の一流どころと対戦する今回、春先から大きくパフォーマンスを上げないと、たとえ馬場が良くても、安田記念の二の舞になることは考えられる。

 トーセンラーについては、今年のレースぶりが冴えない。昨年は、GII京都記念(2013年2月10日/京都・芝2200m)を勝利し、GI天皇賞・春(2013年4月28日/京都・芝3200m)でも2着と健闘していた。だが今年は、いまだ未勝利。得意の京都でも、取りこぼすレースが続いている。6歳となって、年齢的な衰えが出てきているのかもしれない。昨年のような快勝劇を期待するほどの勢いはなさそうだ。

 主役2頭が不安材料を抱えているのであれば、伏兵陣がマイル王の座を手にするケースは十分に考えられる。そこで、過去10年の勝ち馬から、今年チャンスのありそうな伏兵を探ってみた。すると、興味深いデータがひとつ見つかった。

 そのデータとは、過去10年の勝ち馬の「臨戦過程」。10頭の勝ち馬の前走を見ると、なんと7頭が東京競馬場のレースを使っている。対して、前走が京都競馬場だった馬は2頭しかいない。そして残りの1頭は、中山競馬場のレースから挑んでいた。

 このデータを踏まえると、東京競馬場を経由して参戦する伏兵たちが面白そう。そこで浮かび上がるのが、レッドアリオン(牡4歳/父アグネスタキオン)と、サンレイレーザー(牡5歳/父ラスカルスズカ)だ。

 レッドアリオンは、前走GIIIの富士S(3着。10月25日/東京・芝1600m)から参戦する。同馬は、冒頭にも挙げた有力馬、重賞6勝を誇るクラレントの弟で、デビューから期待されてきた逸材。スタートの出遅れ癖や、気性面の難しさといった課題を抱えながらも、3歳時はNHKマイルC4着など、能力の一端を見せてきた馬だ。

 陣営によれば、まだまだレッドアリオンの課題は解消していないようだが、それでも今秋はレースぶりが改善。9月に下級クラスの一戦を楽勝すると、富士Sでは、スローペースを後方からラスト600m32秒8の末脚で追い込んだ。少しずつではあるが、スタートや折り合いに進境を見せており、いよいよ真価を発揮しそうな状況にある。

 もしもミッキーアイルが、早いペースで飛ばした場合、気性の難しいレッドアリオンにとっては、折り合いがつきやすい。スタートをうまくこなして、道中もスムーズに運べれば、この馬の未知なる能力がGIの舞台で爆発する可能性は十分にある。

 一方、サンレイレーザーは、2着に入ったGII毎日王冠(10月12日/東京・芝1800m)をステップに、この舞台に挑む。同馬は、すでにキャリア30戦(地方競馬時代も含む)のベテランだが、ここに来て明らかに「充実期」を迎えている。

 それを示すのが、毎日王冠でのレースぶり。これまでほとんどやったことのない「逃げ」の手に出ると、東京の長い直線でもへこたれず2着に粘り込んだ。ジョッキーの意のままに動き、経験のない逃げのスタイルで結果を出したところに、サンレイレーザーの充実ぶりがうかがえる。

 なお、この毎日王冠で3着に入ったスピルバーグは、その後のGI天皇賞・秋(11月2日/東京・芝2000m)で見事に優勝した。となると、のちの天皇賞馬を抑え込んだサンレイレーザーが、GIの舞台で飛躍するシーンがあってもおかしくない。

 レッドアリオンとサンレイレーザーは、まだ重賞タイトルさえ手にしていない馬。その2頭がいきなりGIを勝つのは、簡単ではないだろう。しかしこの秋のGIは、これまですべて重賞タイトルのない馬が戴冠している。その"トレンド"に乗って、2頭が大仕事をやってのけても不思議ではない。

 主役に挑む、粒ぞろいの伏兵たち。マイル王の座をかけた波乱に満ちた戦いのゲートが、まもなく開かれる。

河合力●文 text by Kawai Chikara