写真提供:マイナビニュース

写真拡大

『ホビット』シリーズ完結編『ホビット 決戦のゆくえ』(12月13日公開)のファンイベントが20日、都内で行われ、本シリーズの大ファンである映画コメンテーターのLiLiCoと、前2作から主人公ビルボ・バギンズの日本語吹き替え声優を務める森川智之が、ガンダルフとビルボのコスプレをして登場した。

はじめに、ビルボに扮した森川が「冒険だ! 冒険に出る〜!」とビルボの声で元気よく登場。続いて、特殊メイクで顔までガンダルフになりきったLiLiCoが登場すると「おぉ!」と感心の声が上がり、誕生日を迎えたばかりのLiLiCoは「(ガンダルフの年齢に合わせ)1,044歳になりまして、目標はお嫁に行くということだったんですけど、無理かなぁと」と自虐ネタを交えてあいさつした。

2時間半かけてガンダルフに変身したというLiLiCoは、「鏡を見た時、自分のお父さんにそっくりでびっくりしちゃった。私のお父さんガンダルフだ!」とコメント。そして、森川が「(完結編の)アフレコはもう終わってます」と明かすと、LiLiCoは「どうなるか教えて〜」「最後のセリフだけ言って〜」とねだり、声優業界の話にも食いついて「ガンダルフはねぇ業界の裏、大好き!」と言って笑いを誘った。

ファンと共に第1章・第2章のダイジェスト版と、完結編の予告編を鑑賞した後、LiLiCoは「ハロー! マイ、プレシャス」とゴラムのモノマネを披露。その完成度に、ファンから拍手が沸き起こった。また、過去にゴラムの声優のオーディションを受けていたことも告白し、「真剣に何回か面接を受けましたがダメでした。ずっとやっている方がすばらしくて勝てません、こんなペーペー」と話した。

さらにLiLiCoは、『ホビット』シリーズに登場するドラゴン(スマウグ)への愛を爆発させ、「ドラゴン大好き! 動きがしなやかでセクシー!」と大興奮。そして、「だれも私をもらってくれないと思うのでドラゴンでいいです!」「私をもらってください。私のドラゴンはどこー!」と自虐ネタを連発し、ファンは大爆笑だった。

フォトセッションでは、この日のために、撮影地のニュージーランドから特別に取り寄せた特注品の指輪が登場。エルフのタウリエル、ドワーフのバーリンに扮したファンを交えての写真撮影も行われた。

(C)2014 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.