本格的な人口減少の裏で囁かれる不動産業界の「2020年問題」

ざっくり言うと

  • 不動産業界で2020年問題が深刻にささやかれている
  • マンションの購買層が減るため、需要が冷え込む恐れが強い
  • 空き家の数も増加するため、新築住宅の必要性も低くなるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x