山崎貴監督、染谷将太とともにミギー、ふなっしーが登場

写真拡大

岩明均氏の伝説的人気コミックを実写映画化した2部作の前編「寄生獣」の特別試写会が11月20日、都内のホールで開催され、主演の染谷将太と山崎貴監督、もう1人の主演ともいえるパラサイトのミギーが舞台挨拶に登壇。千葉・船橋市の非公認ご当地キャラ・ふなっしーも駆けつけ、ミギーに人気ゆるキャラになるための秘けつを伝授した。

人間の脳を乗っ取り、肉体を操る謎の寄生生物ミギーと共生することになった高校生・泉新一(染谷)の数奇な運命を描いた本作。大の原作ファンだというふなっしーは、「原作に忠実でめっちゃ面白かったなっしー。さすが山崎監督なっしー。染谷さんの役柄も、徐々に感化されていく様子を見事に内面から表現してる!」と大絶賛。右手に寄生した謎の生物を自慢げに掲げ、「寄生されたなっしー。みぎっしー!」と名付け溺愛していた。

当のミギーは、ふなっしーのハイテンションに終始押され気味。しかし、ふなっしーはそんなミギーにおかまいなしで、「最初はどぎつい感じがしたけど見慣れてくると徐々にかわいくなってきたなっしー。決めゼリフがほしいなっしね。寄生汁ブシャー!」と自身の決めゼリフをアレンジして提供し、すっかり意気投合していた。

染谷も、「長い長い戦いだった」という長期の撮影を経て“ミギーロス”になったと明かし、「道端にあったミギーのガチャガチャを、気づいたら丸1個全部やって買い占めていた。今も部屋に30体くらい並んでいる」と告白。そして、「唇が色っぽい。とてもスイートでかわいいんですよ」とミギー愛を熱く語った。

「寄生獣」は11月29日から全国で公開。

■関連記事
橋本愛、「寄生獣」2部作で得た手ごたえ&染谷将太へ注ぐ熱き眼差し
TIFF2014にミギー&巨人&「アップルシード」デュナン登場! 世界へ向け“クールジャパン”発信
「寄生獣」深津絵里&東出昌大、顔割れ“パラサイト”ビジュアル初公開!
「寄生獣」ミギー役は阿部サダヲ!パフォーマンスキャプチャー撮影に挑戦
「寄生獣」に原作イメージ通りの豪華キャスト結集!浅野忠信、東出昌大ら