イコ・ウワイス(左)&ヤヤン・ルヒアン、異星人とバトル!?

写真拡大

インドネシア発のバイオレンスアクション「ザ・レイド」の主演俳優イコ・ウワイスと、“狂犬”の異名をとるヤヤン・ルヒアンが、SFパニック映画「スカイライン 征服」(2010)のスピンオフ映画「Beyond Skyline(原題)」に出演することがわかった。

コリン&グレッグのストラウス兄弟が監督したオリジナル版では、ロサンゼルス上空に突如として巨大宇宙船が押し寄せ、圧倒的な力をもつエイリアンが戦う術を持たないごく普通の人間たちを襲い、地球を征服していく3日間を描いた。新作のプロットは明かされていないが、米バラエティによればエイリアン侵略後の地球が舞台となるようだ。イコがレジスタンスのリーダーを演じるほか、フランク・グリロが異星人に息子を誘拐された刑事役で出演。ヤヤンの役どころは明かされていない。

ストラウス兄弟はプロデュースに回り、前作に引き続き製作・脚本を担当するリアム・オドネルが初メガホンに挑戦。イコとヤヤンは、格闘シーンの振り付けも担当することになっており、グレッグ・ストラウスは、「エイリアンとの格闘の新たなスタイルを見せようとしているんだ。コラボする相手として、世界でもっとも革新的なファイトチーム以上にふさわしい人物はいないだろう」とコメントしている。撮影は、12月初旬からインドネシアのバタム島でスタートする。

イコ&ヤヤンが再共演したシリーズ第2弾「ザ・レイド GOKUDO」は、11月22日に全国公開。

■関連記事
「ザ・レイド GOKUDO」超絶アクション満載の予告編で全面抗争が激化!
警察×マフィア×ヤクザが三つ巴の死闘!「ザ・レイド」続編、11月末公開
松田龍平「ザ・レイド」第3作出演オファーにも「無残に殺される」と慎重姿勢
市原隼人VSヤヤン・ルヒアン「極道大戦争」一触即発2ショット写真公開
インドネシア映画「ザ・レイド」リメイク版に「エクスペンダブルズ3」監督