アネット・ベニングとエド・ハリスが初共演(C)2014 LOOK OF LOVE,LLC

写真拡大

4度のアカデミー賞ノミネートを誇るふたりの名優、アネット・ベニングとエド・ハリスが初共演した恋愛映画「フェイス・オブ・ラブ」が、2015年2月に公開される。8月に死去したロビン・ウィリアムズさんも出演する。

30年間連れ添った最愛の夫を突然の事故で亡くしたニッキーが5年後、亡夫そっくりな男性と出会う。新しい恋の予感に胸を躍らせると同時に、夫との楽しかった思い出がよみがえり、ニッキーは葛藤する。夫に瓜二つの男性と恋に落ちるというドラマティックな設定を、名優ふたりのリアルな演技でスリリングに展開する。新鋭アリー・ポジン監督がメガホンをとる。

亡夫に一途で、女、妻、恋人、母の4つの顔を持つニッキーを、ベニングが自由自在に演じ分け、エド・ハリスはニッキーの亡夫で建築家のギャレットとアーティストのトムのひとり二役に挑戦。ウィリアムズさんは、ニッキーが暮らす家の向かいに住む伴侶を亡くした男性ロジャーを演じる。

「フェイス・オブ・ラブ」は、2月7日有楽町スバル座ほか全国順次公開。

■関連記事
ジュリアン・ムーアとアネット・ベニング、新作でレズビアンのカップルに
エド・ハリスが語る名匠ピーター・ウィアー監督最新作「ウェイバック」
故ロビン・ウィリアムズさんの子どもたち、ワールドシリーズ始球式に登場
アネット・ベニング人物情報
エド・ハリス人物情報