写真提供:マイナビニュース

写真拡大

映画『神さまの言うとおり』の初日舞台あいさつが15日、都内で行われ、キャストの福士蒼汰、山崎紘菜、優希美青、神木隆之介が出席した。

全国公開中の本作は、金城宗幸の同名漫画(講談社刊)を三池崇史監督が実写化したサバイバルホラー作品。突如、ある高校の教壇の上に現れたダルマさんに、頭を吹き飛ばされていく生徒たち。級友が次々と犠牲になる中、生き残った高畑瞬(福士)は、まねき猫、コケシ、シロクマ、マトリョーシカから出題されるデスゲームに挑む――というストーリーで、第9回ローマ映画祭にて、三池監督がマーベリック賞を受賞している。

主演の福士は、「本当に新しいエンターテインメント作品。ローマでは、笑いと拍手が起こりました。一人ひとりが楽しんでくれたらうれしいです」と笑顔であいさつ。イベントでは、この日、スケジュールの都合で欠席だった三池監督から、"監督さまの言うとおり"と題したサプライズ指令を実施。ローマ映画祭で、流ちょうな英語とイタリア語を披露した福士は、本作がロシアでも公開されることを受けた"ロシア語でのあいさつ"という無茶ぶりを課せられ、「出来ない! やったことない!」と大慌て。舞台上でロシア語通訳者から指南を受けた福士は、「こんにちは、福士蒼汰です。僕はみなさんのことを愛しています」と見事ロシア語であいさつし、その俳優魂を見せつけた。

また、"福士への告白"というミッションを課せられた山崎は、撮影中の感謝の言葉を述べつつ、「ストレッチしてたら、『あのさ、何かキモイよね』って言われた。謝って欲しい……。あと、漫画返して!」と怒りのエピソードを暴露。「修羅場だね〜」と苦笑いする神木らが見守る中、福士は「誠に申し訳ないと思っております」と平身低頭していた。一方、NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』のGMT47メンバーとして福士と共演したことがある優希には、"福島弁でPR"というお題が出題。「おら、おっかねぇのは苦手だけんども、感動もすっぺ」と照れ笑いを浮かべる優希に、思わず、「じぇじぇ!」と名セリフを吐いた福士は、「久し振りに、懐かしいヤツやっちゃった〜(笑)。東北弁は、やっぱり可愛いですね〜」とニヤけ顔を浮かべていた。