「サイコ(1960)」の一場面写真:Everett Collection/アフロ

写真拡大

米映画サイトThe Indiewireが、ハロウィンにあわせて「ホラー映画のサウンドトラックベスト11」をピックアップした。今回はオリジナルスコアに限定し、コンピレーション・サントラは含まれていない。

11作品はそれ自体が傑作ぞろいだが、ホラー映画では「音」が果たす役割はことのほか大きい。なかでもバーナード・ハーマンによる「サイコ(1960)」の音楽は、ブライアン・デ・パルマ監督の「キャリー(1976)」や、のちのスラッシャー映画でもしばしば引用されている。

ベスト11は以下の通り(タイトル前は作曲家)。

▽ バーナード・ハーマン「サイコ(1960)」
▽ クシシュトフ・コメダ「ローズマリーの赤ちゃん」(1969)
▽ エンニオ・モリコーネ「遊星からの物体X」(1982)
▽ ジーン・ムーア「恐怖の足跡」(1961)
▽ ジョン・カーペンター「ハロウィン(1978)」
▽ ジョン・カーペンター「ザ・フォッグ(1979)」
▽ ポール・ジョバンニ&マグネット「ウィッカーマン(1997)」(製作年度は1973年)
▽ ゴブリン「サスペリア」(1977)
▽ フィリップ・グラス「キャンディマン」(1992)
▽ ハワード・ショア「ヴィデオドローム」(1983)
▽ ハワード・ショア「羊たちの沈黙」(1991)

■関連記事
米サイトが選ぶ「死ぬまでに見るべきホラー映画20本」 日本からは1本選出
「生涯で最も恐ろしかった映画」は? 12人の映画監督が選出
米誌、映画史における監督&作曲家の名コンビを特集
最も偉大な音楽映画ベスト50は?ロンドンの情報誌が発表
「レベッカ」に続き、ヒッチコック「断崖」もリメイクへ