新垣結衣が音楽教師役に挑んだ「くちびるに歌を」(C)2015 「くちびるに歌を」製作委員会(C)2011 中田永一/小学館

写真拡大

新垣結衣が初の教師役に挑んだ「くちびるに歌を」の特報映像が解禁された。同作が誕生するきっかけとなったアンジェラ・アキの名曲「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」にのせ、感動のクライマックスを予感させる映像になっている。

天才ピアニストだったと噂される臨時教員の柏木ユリ(新垣)は、故郷の長崎・五島列島の中学にやってくる。合唱部の顧問になった柏木は、コンクール出場を目指す部員たちに「15年後の自分」へ宛てた手紙を書く課題を出し、部員たちが書いた手紙には、15歳の少年少女たちが抱える悩みや秘密がつづられていた。

NHK全国学校音楽コンクール課題曲となった「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」の作者であるアンジェラ・アキが、全国の中学生を訪ねたテレビドキュメンタリーのエピソードをもとに、作家の中田永一(乙一)氏が書き下ろした小説を映画化した。新垣は、音楽教師を演じるためピアノの特訓に励み、オーディションで抜てきされた合唱部員役の若手俳優たちも、半年間におよぶ合唱練習の後、長崎での撮影にのぞんだ。

特報映像は、臨時教師としてやってきた柏木が、「適当によろしく」と生徒たちに無愛想に自己紹介するシーンから始まる。どこか訳ありな様子をうかがわせる柏木と生徒たちが徐々に心を通わせていく様子や、生徒たちが笑顔で生き生きと歌う姿、それを見守る柏木が映し出されていく。

共演に木村文乃、桐谷健太、石田ひかりといった実力派も顔をそろえている。「ホットロード」「僕等がいた」など、青春のきらめきを切り取る手腕に定評のある三木孝浩が監督を務めた。2015年2月28日全国公開。

■関連記事
【動画】「くちびるに歌を」特報
大泉洋の悪い冗談に新垣結衣があきれ顔
新垣結衣&大泉洋「ALWAYS 三丁目の夕日」イラストレーターによる手描きポスターに
新垣結衣、初の教師役「くちびるに歌を」涙の撮了 生徒たちは「先生大好き!」
新垣結衣、アンジェラ・アキの名曲から生まれた「くちびるに歌を」で初の教師役に