ニール・パトリック・ハリス

写真拡大

今年9月、イタリアで長年のパートナー、デヴィッド・バートカと結婚した俳優ニール・パトリック・ハリス(『ママと恋に落ちるまで』)が、ニューヨークのハーレムに引っ越した理由を明かしている。

【関連記事】『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』4冠! ブライアン・クランストンも受賞! 第68回トニー賞受賞結果発表!

マンハッタンの北側に位置するハーレムは、アフリカ系アメリカ人の歴史や文化が色濃く残る地域。かつては犯罪や貧困が蔓延っていたが、1990年代に行われた治安改善政策により地域環境が目覚ましく改善された。現在では、おしゃれなショップやレストランが立ち並ぶ住みやすい地区に生まれ変わっている。

米JustJaredによると、米PBS局のトーク番組『Charlie Rose』に出演したニールが、2013年に購入したハーレムのアパートについて語った。「デヴィッドも僕もニューヨークが好きなんだ。窓から橋が見える場所にいたいと思ってね。それにハーレムの物件は価格がお手頃だから、経済的に助かるのが大きい。結婚して子供がいると、それぞれの部屋とゲストルームにオフィスと、5部屋は必要だからマンハッタンだと安くはない。だからもっと北に目を向けて、いいアパートを見つけたのさ」と、説明している。

ニールは、米NBCで放送される新バラエティ番組のホスト候補に名が挙がっており、交渉が最終段階に入っていると報じられている。番組の収録はニューヨークで行われる可能性が高いとのことで、そうなればニールは、家族と離れることなく安心して仕事に取り組めるのではないだろうか。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・新婚ホヤホヤのニール・パトリック・ハリス、結婚式で緊張して誓いの言葉が出てこなかった!『ママ恋』ニール・パトリック・ハリス、恋愛の新鮮さを保つ秘訣は!?『ママ恋』ニール・パトリック・ハリス、米人気トーク番組の司会を断った理由とは!?