幸せだったころのふたり写真:Startraks/アフロ

写真拡大

女優ロビン・ライトが、俳優ベン・フォスターとの婚約を解消し、破局したことがわかった。

米アス誌によれば、ライトは昨年のクリスマスは婚約に胸を躍らせていたがその後、多忙の2人のスケジュールが合わなくなり、ライトは婚約が正しい選択ではなかったと気づいたようだ。今夏は、ネットフリックスの人気ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」をボルチモアで撮影し、週末はロサンゼルスで元夫ショーン・ペンとの間に生まれた子どもたちと過ごすという生活。一方のフォスターは、ロンドンで舞台「欲望という名の電車」に出演し、すれ違いが続いていた。

また、今回の婚約解消には、48歳のライトと34歳のフォスターとの年齢差も影響していたようだ。ライトは、1988年にデイン・ウィザースプーン、2010年にショーン・ペンと離婚。フォスターとは「ランパート 汚れた刑事」(2011)で共演し交際。今回が3度目の結婚になるはずだった。

■関連記事
ショーン・ペン元妻ロビン・ライトが、14歳下のベン・フォスターと婚約
ショーン・ペンの息子が短編映画で主演
ショーン・ペン監督作にシャーリーズ・セロン&ハビエル・バルデム
ケビン・スペイシー、デビッド・フィンチャーとのタッグ作「ハウス・オブ・カード」を語る
クリス・パイン主演で石油タンカー事故の救出劇を映画化