ウエディングドレス姿を披露した武井咲

写真拡大

女優・武井咲と「関ジャニ∞」の大倉忠義が共演した映画「クローバー」の大ヒット舞台挨拶が11月13日、東京・お台場シネマメディアージュで行われ、純白のウエディングドレスを身にまとった武井と、タキシードでシックに決めた大倉が出席。フラワーシャワーやブーケトスといった、本編の人気シーンだというウエディングパーティーを再現した演出に、客席を埋めつくした約600人の観客からは大きな歓声が上がった。

単行本全24巻の累計発行部数900万部を誇る稚野鳥子氏の人気少女漫画を原作に、「今日、恋をはじめます」の古澤健監督が実写映画化。恋愛オンチの新人OL・鈴木沙耶(武井)とドSなエリート上司・柘植(大倉)の恋愛模様を描く。

劇中ではドS上司を演じた大倉だが、この日は武井を優しくエスコート。武井は、ウエディングパーティーの撮影時には「(私が)ウエディングドレスを着ているのに、大倉さんはすごい歩くのが速かった」とダメ出ししたものの、「今回はすごく合わせてくれたから、素晴らしい!」と称えていた。

さらに、「理想のプロポーズは」と問われた武井は、「お家で2人でご飯食べている時に言ってほしい。普通でいいです。『結婚する?』って」と回答。一方の大倉が、「僕は言われたいです。女性が『いつプロポーズしてくれるのかな』と思いながら過ごしている。シビれを切らして女性が『結婚しないの?』と言ってきたら、『いや、結婚するでしょ』と言う」と明かすと、会場からはブーイングの声が上がっていた。

大倉は劇中の胸キュンセリフを壇上で披露。「沙耶、愛してる。結婚しよう」と言い放つが会場の反応はイマイチで、「(プロモーションで)10回くらいやって、盛り上がったのは最初だけ」と顔を赤らめる。「関西弁でプロポーズしてください」と観客からねだられると、「結婚せえへん?」と絞り出し、照れることしきりだった。

■関連記事
武井咲、関ジャニ大倉のドSセリフを「板についてきた」と太鼓判
武井咲&関ジャニ大倉、壁ドンめぐって激論?「すてき」「そんなんできない」
武井咲、「クローバー」試写会で「関ジャニ∞」大倉にムチャぶり
武井咲×大倉忠義「クローバー」主題歌は関ジャニ∞の新曲「CloveR」
武井咲ブロマイドも… 綾野剛の屋台が破格理系ドラマ撮影の裏で人気