11月16日(日)に行なわれる、GIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)。3歳牝馬と古馬牝馬が激突する「秋の女王決定戦」は、戦前から混戦の様相を呈している。

 混戦が予想される最大の理由は、実績馬たちの多くが不安を抱えていることだ。例えば、出走馬の中で断然の実績を誇るメイショウマンボ(牝4歳/父スズカマンボ)。同馬は昨年、牝馬限定のGIレースで3勝(オークス、秋華賞、エリザベス女王杯)を挙げたが、今年は4戦していまだ勝ち星なし。昨年ほどの"勢い"がないのは明らかだ。

 GI2勝(2013年、2014年ヴィクトリアマイル)のヴィルシーナ(牝5歳/父ディープインパクト)にも、不安がある。彼女は、今年5月のヴィクトリアマイル(5月18日/東京・芝1600m)で優勝。その後は、牡馬相手のGI宝塚記念(6月29日/阪神・芝2200m)でも3着と好走した。しかし今回は、それ以来の「休み明け」。実戦を使って調子を上げるタイプだけに、4カ月半ぶりのレースで全力を出せるのか、疑問が残る。

 3歳勢では、直近のGI秋華賞(10月19日/京都・芝2000m)を勝ったショウナンパンドラ(牝3歳/父ディープインパクト)に期待が集まるが、秋華賞の勝利は、小回りコースの最内をうまく抜け出したもの。浜中俊騎手の好騎乗によるところが大きく、古馬相手に勝ち切れるだけの実力があるかどうかは、未知数だ。

 それぞれ不安を抱える有力馬たち。そうした状況を踏まえると、たとえ実績で劣る馬たちにも、台頭するチャンスは十分にありそうだ。エリザベス女王杯の歴史を振り返ってみても、意外な穴馬が戴冠した年がある。とすれば、過去の傾向から、大仕事をやってのける伏兵を探すのも悪くない。

 エリザベス女王杯の歴史を振り返って、まず目につくのが「3歳馬の強さ」。ここ10年で5勝と、半数を占めているのだ。さらに3着以内で見れば、近8年では必ず3歳馬が絡んでいる。「年齢のハンデ」が取り沙汰される3歳馬だが、この舞台ではむしろ、その若さを"強み"にしていると捉えるべきではないだろうか。

 それを象徴するように、過去10年の勝ち馬5頭のうち、「伏兵」という扱いながら勝利を飾った3歳馬が2頭いる(外国馬は除く)。2008年のリトルアマポーラ(牝/父アグネスタキオン)と、2006年のフサイチパンドラ(牝/父サンデーサイレンス)である。

 2頭とも、春は「クラシック(桜花賞、オークス)制覇」の期待を持たれたほどの素質馬だった。しかし、ともに結果は残せず(※)、巻き返しが期待された秋華賞でも、リトルアマポーラは6着、フサイチパンドラは3着と敗れた。おかげで、両馬のエリザベス女王杯における評価は、「3歳同士で勝てなかった馬が、一段とレベルアップする古馬との対戦で勝つは難しい」というものだった。

※リトルアマポーラ=桜花賞2番人気5着、オークス1番人気7着。
フサイチパンドラ=桜花賞2番人気14着、オークス5番人気2着。

 だが迎えた本番、リトルアマポーラ(4番人気)とフサイチパンドラ(7番人気)は、その前評判を覆(くつがえ)して頂点に立った。フサイチパンドラについては、1着でゴールしたカワカミプリンセスが12着降着(進路妨害)となった「運」もあったとはいえ、同世代相手に完敗していた3歳馬が、古馬相手の舞台で"復活"を果たしたことは間違いない。

 さて今年、クラシック制覇を果たせず、秋華賞でも敗れた"期待馬"が、古馬との対戦で巻き返す――そんな仮定に当てはまる存在はいるのか。一頭、ぴったりな馬がいる。レッドリヴェール(牝3歳/父ステイゴールド)だ。

 同馬は、昨年のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(2013年12月8日/阪神・芝1600m)で、のちに凱旋門賞に出走したハープスター(牝3歳/父ディープインパクト)を下して優勝。今春のクラシックには手が届かなかったものの、桜花賞(4月13日/阪神・芝1600m)で2着と好走し、日本ダービー(12着。6月1日/東京・芝2400m)に駒を進めた実力馬だ。この秋は、ローズS(9月21日/阪神・芝1800m)と秋華賞で、ともに6着(ローズS=1番人気、秋華賞=2番人気)と人気を裏切っているが、過去の例から、ここで巻き返しても不思議はない。

 まして「気持ちで走る」と言われるレッドリヴェール。同馬にとって、近走の成績は関係なく、闘争心にさえ火がつけば、ハープスターを退けた実力が再び覚醒するはずだ。

 また、伏兵とは言えないかもしれないが、秋華賞で1番人気ながら2着に敗れたヌーヴォレコルト(牝3歳/父ハーツクライ)も、「巻き返し」というキーワードからすれば、注目したい一頭。秋華賞の敗戦は、勝ったショウナンパンドラとのコース取りの差に過ぎない。春はGIオークス(5月25日/東京・芝2400m)を制した、世代トップクラスの力の持ち主。人気を落とすようなら、狙い目となる。

 エリザベス女王杯の歴史をひも解くと、古馬にも伏兵ながら勝利を収めた馬がいる。近年では、2012年のレインボーダリア(牝/父ブライアンズタイム)と、2009年のクィーンスプマンテ(牝/父ジャングルポケット)がそうだ。2頭は重賞さえ勝っていない立場だったが、この舞台における"適性"が勝利をあと押しした。

 その証拠に、レインボーダリアは、まだ条件クラスの身で挑戦した2011年のエリザベス女王杯でも、17番人気ながら5着と好走。本格化前からすでにこの舞台での適性を見せていたのだ。

 一方のクィーンスプマンテは、「大逃げ」の戦法がまんまとハマッての大金星。勝因はそれによるところも大きいが、この馬には確かな「距離への適性」もあった。というのも、牝馬限定レースのほとんどが2000m以下で行なわれている中、2走前のみなみ北海道S(札幌・芝2600m)で牡馬相手に勝利していた。この長丁場で、牡馬とのハードな戦いを制した経験が、牝馬限定レースとしては長い2200mで、しかもGI戦ゆえにタフな競馬になりやすいエリザベス女王杯で生かされた。

 今年の出走馬を「適性」から眺めると、ラキシス(牝4歳/父ディープインパクト)とアロマティコ(牝5歳/キングカメハメハ)が、面白い存在。2頭はともに重賞勝ちこそないものの、昨年のエリザベス女王杯でラキシスが2着、アロマティコが3着と健闘している。特にラキシスは、当時まだ下級クラスの身でありながら2着に食い込んだ。この舞台への適性が高いのは明らかだ。

 さらに、2頭とも前走は、牡馬相手のGIIオールカマー(9月28日/新潟・芝2200m)に出走。どちらも勝ち馬からコンマ1秒の接戦を演じ、ラキシスは2着、アロマティコは5着と好走している。同距離で行なわれるエリザベス女王杯に向けて、万全の態勢と言えるだろう。

 最後にもう一頭、加えておきたい馬がいる。下級クラスを連勝してきたグレイスフラワー(牝5歳/父ダイワメジャー)だ。

 前走のオクトーバーS(10月11日/東京・芝2400m)では、2400m戦を牡馬相手に快勝。2200mのハードな戦いには不安がなく、いきなりのGI挑戦でも楽しみのほうが大きい。第一、先述のラキシスを含めて、近年のエリザベス女王杯では、下級クラスの長距離戦で快勝した馬が、そのまま通用するケースが目立っている。グレイスフラワーの一発があってもおかしくない。

 先の天皇賞・秋(11月2日/東京・芝2000m)で2着と奮闘したジェンティルドンナ(牝5歳)や、ハープスターといった超一線級のタレントは欠くものの、今年も「女王決定戦」という名に恥じないだけの、粒ぞろいのメンバーがそろったエリザベス女王杯。頂点に立つのは、若さあふれる3歳馬か、歴戦の古馬か、熾烈な戦いから目が離せない。

河合力●文 text by Kawai Chikara