ノミネート発表は2015年1月15日写真:Press Association/アフロ

写真拡大

来年のアカデミー賞短編アニメーション部門のノミネート候補となる最終10作品が発表されたと、米バラエティが報じた。

もともと同部門に出品資格がある作品は56本だったが、審査の結果、最終候補は10作品に絞り込まれた。ウォルト・ディズニーの「ベイマックス」と同時上映となる「愛犬とごちそう(Feast)」のほか、ピクサーのアートディレクターである堤大介氏とロバート・コンドウ氏が手がけたオリジナル短編「The Dam Keeper」などが含まれている。

今後、さらなる審査を経て、2015年1月15日に5作品のノミネートが発表される。

なお、最終候補の10作品は以下の通り。

「The Bigger Picture」
「Coda」
「The Dam Keeper」
「Duet」
「愛犬とごちそう」
「Footprints」
「Me and My Moulton」
「The Numberless」
「A Single Life」
「Symphony No.42」

■関連記事
宮崎駿監督がアカデミー賞名誉賞受賞
次回アカデミー賞授賞式中継の広告枠、すでに完売間近
次回アカデミー賞授賞式、司会はニール・パトリック・ハリス
日本のアニメが大健闘 アヌシー国際アニメーション映画祭で3作が受賞
別所哲也“劇画”生んだ伝説的作家・辰巳ヨシヒロ氏に最敬礼「TATSUMI」日本公開