「世にも不幸なできごと」のテレビドラマ化が決定!写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

レモニー・スニケットの「世にも不幸なできごと」がテレビドラマ化されることになったと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

同シリーズは、レモニー・スニケットことダニエル・ハンドラーによる児童小説シリーズで、孤児の三兄弟が強欲な親戚によって災難に見舞われるというストーリー。1999年〜2006年に全13巻が刊行されている。

米ストリーミング大手のネットフリックスはこのほど、同シリーズの映像化権を獲得。映画版「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」を製作したパラマウント・ピクチャーズとともに新ドラマを制作することになる。

ネットフリックスはオリジナル作品を増やしており、最近ではドリームワークスのCGアニメ映画「マダガスカル」のスピンオフ番組「All Hail King Julien」の制作にゴーサインを出したばかりだ。

■関連記事
【作品情報】「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」
【映画評論】まだまだ続く彼らの不幸に、乞う!続編
ジム・キャリー主演の良作「トゥルーマン・ショー」がテレビシリーズ化
ジム・キャリー、過激な暴力描写を理由に「キック・アス2」宣伝を拒否
「ジム・キャリーはMr.ダマー」続編からジム・キャリーが離脱