3日、韓国京畿道観光発展局が「韓国の美食」として日本の刺身を紹介したところ、中国から批判があがった。そんな中、「どうしてこれほど多くの人が韓国を嫌いなのか」とのネット上の質問に、興味深い回答が寄せられた。写真は韓国料理。

写真拡大

2014年11月3日、韓国京畿道観光発展局は、中国版ツイッターの公式アカウントで、「韓国の美食」として日本でおなじみの刺身を紹介した。これに対して、中国のネットユーザーからは「刺身と言えば日本だろ」など、韓国に批判的なコメントが多く寄せられた。

【その他の写真】

これは、中国もさまざまな文化を韓国に「横取りされた」と感じていることが、少なからず関係しているとみられる。そうしたなか、中国のインターネット掲示板に「どうしてこれほど多くの人が韓国を嫌いなのか」との質問が掲載された。

これに対して、あるネットユーザーは「強すぎる自国へのこだわり」と「素養」の2点を挙げて回答している。それによると、初めて韓国人と食事をした時、その韓国人が「私は韓国産の物だけを食べたい。牛肉も、豆も、もちろんキムチも。そうしてこそ、真の愛国者だと思っている」と真顔で語っていて驚いたという。なぜなら、そこは山東省威海市の韓国料理店で、使われていた食材はすべて中国産だったからだ。

もう1つの「素養」については、同じく食事の時に大騒ぎすることを指摘。「われわれ中国人は正常の範囲内でおしゃべりしたり笑ったりするが、彼らは特に酒が入ると見境がなくなる。どんなに高級な店でも、韓国人がいるとランクが下がる」とした。また、「中国人店員が注意すると、とたんに中国語が聞き取れないフリをする」として、騒がしさに耐えかねて韓国人と殴り合いのけんかになったことがあると告白している。

政治や外交面では親密な関係があるように見える中国と韓国も、個人レベルではさまざまなわだかまりを抱えているようである。(翻訳・編集/TK)