ミュージカル化される「ベッカムに恋して」写真:Photofest/AFLO

写真拡大

キーラ・ナイトレイの出世作として知られる2002年の青春コメディ映画「ベッカムに恋して」が、英ウエストエンドでミュージカルとして上演されることがわかった。

「ベッカムに恋して」は、サッカーとデビッド・ベッカムが大好きなインド系イギリス人の少女ジェス(パーミンダ・ナーグラ)が、女子サッカーチームのエース、ジュールズ(ナイトレイ)と出会い、伝統を重んじる厳しい両親の反対を押し切ってプロサッカー選手を目指し奮闘する姿を描いた作品。

英BBCによれば、監督・脚本を手がけたグリンダ・チャーダが、舞台版の演出と脚色を務める。舞台「ベッカムに恋して」は、ロンドンのフェニックス・シアターで2015年5月15日からプレビュー公演、6月24日から本公演が開幕する。

■関連記事
ブラジルW杯開催中! 米サイトが選ぶ「サッカー映画ベスト10」
デビッド・ベッカム、マシュー・ボーン監督のスパイ映画で俳優デビュー?
クロエ・グレース・モレッツ、ベッカム長男と交際
ベッカム息子、ガイ・リッチー監督のオフィスで仕事体験
名作サッカー映画「勝利への脱出」がリメイク 監督はダグ・リーマンか