実際の爆発や破壊にこだわったアクション描写が話題(C)EX3 Productions, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

週末興行収入ランキング初登場No.1を飾ったアクションヒーロー総動員した痛快作「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」の特別映像が、このほど公開された。

本編映像とメイキングシーンを凝縮した同映像には、シリーズの“座長”であるシルベスター・スタローンのほか、ハリソン・フォード、メル・ギブソン、ウェズリー・スナイプス、ジェイソン・ステイサムといったそうそうたる面子のコメントも網羅。フォードの「最高のユーモア、ド迫力アクション」、ギブソンの「文句ナシだ、ハマるぜ」という言葉に、アクション映画ファンの胸が躍る内容となっている。

なかでも、「俺はこのファミリーの大ファンなんだ」と語るスナイプスは、「前作以上かって? も・ち・ろん」「前売り買わなきゃ」とノリノリ。本編シーンでは、傭兵軍団に救出された後に収監されていた理由を問われて「脱税よ」と答え、第1作でメンバー役をオファーされていながら、脱税容疑で裁判中だったために出演できなかったという経緯を笑い飛ばす自虐ネタまで披露している。

「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」では、スタローン扮するリーダーのバーニーが、従来のメンバーを解散させて若手主体の新チームを結成する点が見どころのひとつ。現役女子総合格闘技チャンピオンのロンダ・ラウジーら「俺たちとは違う」とスタローンが称する若手メンバーが、ベテラン陣の勢いに任せた豪快な作戦を「“1985年(ランボー・ロッキー)”作戦ね」と鼻で笑うシーンも映し出される。

ギブソン扮する冷酷な武器商人ストーンバンクスの身柄拘束をめぐって、歴戦の傭兵軍団が世界規模のミッションに挑むアクション大作。オーストラリアの新鋭パトリック・ヒューズ監督がこだわったという、CGに頼らない爆発や破壊による「80年代風スタイル」のアクションが話題だ。現在公開中。

■関連記事
【動画】「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」特別映像
【特集】「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」
シルベスター・スタローン「エクスペンダブルズ」シリーズの今後を語る
傭兵軍団は5歳の子ども並み!?「エクスペンダブルズ3」監督が語る
ケラン・ラッツ、「エクスペンダブルズ3」でスタローンからダメ出し?