ダニエル・ラドクリフ

写真拡大

映画『ハリー・ポッター』の主人公ハリーを演じたダニエル・ラドクリフ。ハリーと言えば、トレードマークの丸いメガネが思い出されるが、ダニエル自身はそのイメージを払拭したいようだ。米MTV Newsのインタビューでのダニエルのコメントが現地メディアで話題になっている。

【関連特集】いま、UK ドラマがキてる!?〜 BRITISH a GO! GO!

米MTV Newsのインタビューで、ダニエルは自分が比較的視力が良いことを語ると、今後もし視力を矯正することになったとしても『ハリポタ』を連想させる丸いメガネはかけるつもりはないとコメント。「(視力を矯正するなら)コンタクトレンズか三角メガネか何でもいいけど、とにかくあれとはかけ離れたものがいい」と語った。

『ハリポタ』を"卒業"し、今や様々な役に挑戦し、演技派としての呼び声も高いダニエルは、「『ハリポタ』での自分の演技はヒドい」と明かしていたこともある。もしかすると『ハリポタ』にまつわるものはすべて遠ざけたいのかと思いきや、なおも特別な思いはあるようで、将来子どもが出来たら見せたいと明かしているという。

「いつかリメイクされたら子どもたちがこう言うんだ。『パパはオリジナル版のハリー・ポッターなの?』ってね。まったくあり得ることだよね。想像するのも奇妙だけど、いくつになれば自分に子どもが出来て、映画を見せることになるんだろうって考えちゃったよ」とダニエルは語る。

最近では舞台でも演技力を賞賛されたり、トーク番組でラップの才能を披露したりと、新たな側面を見せているダニエル。新作映画『Horns(原題)』では、突如2本の角が生えた主人公を好演しているという。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『ハリポタ』シリーズのダニエル・ラドクリフ、新恋人との恋愛について語る!ダニエル・ラドクリフがアルコール依存症になった理由ダニエル・ラドクリフ、舞台『夢の島イニシュマン』で賛辞を浴びる