アマンダ・セイフライド

写真拡大 (全2枚)

映画『レ・ミゼラブル』や『マンマ・ミーア!』といった作品で、演技だけでなく素晴らしい歌声も披露した、マルチな才能を持つ女優アマンダ・セイフライド。スタイル抜群で肥満とは程遠い彼女が、意外にも"太りすぎで役を失うところだった"と告白していることがわかった。

【関連記事】どう変わった?イメチェンと肉体改造計画で大変身

米E!Onlineによると、ハリウッドにおける容姿の基準は厳しく、アマンダのようなスリムな女優でも"肥満"のカテゴリーに入れられてしまうことがあるのだとか。アマンダはツイッターに、「興味深い事実:今までに太り過ぎで、何回か役を失うところだったの。アメリカは間違ってるわ!」と投稿。これに対し多くのフォロワーから、「アマンダはパーフェクトよ!」、「痩せることに取り憑かれた社会にムカつくわ」といったコメントが寄せられている。

アマンダは以前のインタビューで、体型を維持するために、加熱したものは摂らず生の野菜や果物をメインに食べるローフードダイエットを始めたことを語っている。「すごく大変なの。ちょっと嫌になっちゃうわ。昨日のランチはほうれん草と野菜の種だけよ」と、ダイエットの厳しさを明かしている。またジム通いも怠っていないとのことで、「ジョギングやワークアウトをしなければ、ここまで細くなるのは無理よ。女優だから体型をキープしないと役をもらえないの。もし今よりふくよかだったら、『マンマ・ミーア!』にはキャスティングされなかったと思う」と、ハリウッドで女優としてやっていく苦労を吐露している。

そんなアマンダのダイエットが報われてか、大ヒットコメディ映画『テッド』の続編となる『テッド2』をはじめ、来年にかけて5本の映画作品が待機中だ。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・マライア・キャリーとニック・キャノンの破局が明らかに! 新ロマンスの噂をニックが否定ザック・エフロン、27歳の誕生日をアムステルダムで満喫!ザック・エフロン、新恋人と噂される女性とデンマーク旅行!