北野武監督最新作が始動!(C)2015「龍三と七人の子分たち」製作委員会

写真拡大

北野武監督の17作目となる最新作「龍三と七人の子分たち」が、2015年4月25日に公開されることが決定した。約3年ぶりの監督作となる今作は、前作「アウトレイジ ビヨンド」とは打って変わり、平均年齢72歳のベテラン俳優陣が繰り広げるコメディタッチの作風となっている。

国内外の映画ファンがその動向に注目を寄せる北野監督の最新作は、引退した元ヤクザの“ジジイ”たちが、詐欺で人々をだます若者を成敗しようと世直しに奔走するエンタテインメント作だ。金も居場所も失った元ヤクザが普通の生活をおくれるはずもなく、毎日くすぶっているという設定。ある日、オレオレ詐欺に引っかかってしまった元組長の龍三親分は、若い者に勝手な真似はさせられないと決意し、昔の仲間たちを呼び寄せ立ち上がる姿を描く。

主人公の龍三親分を演じるのは、北野監督作品初出演となる73歳の藤竜也。映画主演は、「村の写真集」以来10年ぶりとなる。オファーを受けたときは、「監督ご本人とは面識もなかったので『出てくれ、出てくれ詐欺』かと思いましたね」と笑う。撮影は既に6月29日にクランクアップしており、「僕も長い間、役者をやらせてもらっているので、現場では監督の意向やシーンの流れなど何となく見当がつくんだけど、北野監督はあまり指示を出さないので、自分のアンテナを鋭敏にしないといけないし、とても考えさせられました。ジジイたちにはボケ防止にちょうど良かったんじゃないかな」と振り返っている。

七人の子分たちに扮する面々も豪華なキャストがそろった。藤とともに北野組に初参加となる近藤正臣(72)、「アウトレイジ ビヨンド」に続く出演となった中尾彬(72)、さらに小野寺昭(71)、品川徹(78)、樋浦勉(71)、伊藤幸純(72)、吉澤健(68)という顔ぶれに、否が応にも期待が高まる。

ビートたけし名義で出演もしている北野監督は、「今回の作品はメインキャストが高齢なんで、作品の公開日までとにかく元気でいて欲しい。誰かの遺作になっちゃったりしないよう、皆さんの健康が心配でしょうがないね」と毒舌でキャストに敬意を払う。さらに、「ローリング・ストーンズやポール・マッカートニーに象徴されるように、国際的にもジジイたちが大活躍している時代であることを、あらためて思い知れって若者たちに言いたいね。随所にギャグをちりばめ、コメディタッチに仕上げてあるから、世代を超えて楽しめる娯楽作品だな。笑ってくれればそれでいいよ」とコメントを寄せている。

「龍三と七人の子分たち」は、2015年4月25日から全国で公開。

■関連記事
たけし等身大“コマネチ”フィギュアに大照れ「俺だったら付き合わない」
北野武監督「第1回サムライ賞」受賞も「経産省?」と時事ネタで毒舌全開
ビートたけし、さくらももこと異色初コラボ!カルビーの奇抜アニメCM手がける
たけしが語るひばりさん素顔 自宅でもマイク離さずものまね上手かった
第27回東京国際映画祭は米仏合作「神様なんかくそくらえ」に栄冠!監督賞と2冠