写真提供:マイナビニュース

写真拡大

北野武監督の最新作『龍三と七人の子分たち』が2015年4月25日から公開されることが決定し、俳優・藤竜也が北野作品初出演にして主演を務めることが5日、明らかになった。

『アウトレイジ ビヨンド』から2年。待望の最新作は、元ヤクザの"ジジイ"たちの活躍を描き、高齢化社会やオレオレ詐欺など昨今の社会問題に切り込みながらも、世代を超えて楽しめるコメディタッチのエンタテインメント作品となっている。4月28日にクランクインし、6月29日にクランクアップ。本編はすでに完成しているという。

物語は、藤竜也演じる元組長がオレオレ詐欺に引っ掛かってしまったことにはじまる。「若者に勝手な真似はさせられねぇ」とかつての子分7人を呼び寄せ、金も居場所も失って毎日くすぶっていた"ジジイ"たちが世直しに立ち上がる。子分役には北野作品初出演となる近藤正臣のほか、中尾彬、小野寺昭、品川徹、樋浦勉、伊藤幸純、吉澤健といった平均72歳のベテラン俳優が起用された。北野監督はビートたけし名義で役者としても出演している。

本作について北野監督は、「今回の作品はメインキャストが高齢なんで、作品の公開日までとにかく元気でいて欲しい。誰かの遺作になっちゃったりしないよう、皆さんの健康が心配でしょうがないね」とおなじみの毒舌を交えながらも公開が待ちきれない様子。「でも、ローリング・ストーンズやポール・マッカートニーに象徴されるように、国際的にもジジイたちが大活躍している時代であることを、あらためて思い知れって若者たちに言いたいね」と映画に込めた思いを語り、「随所にギャグを散りばめ、コメディ・タッチに仕上げてあるから、世代を超えて楽しめる娯楽作品だな。笑ってくれればそれでいいよ」と北野節で呼びかけた。

一方の藤竜也は、「監督ご本人とは面識もなかったので『出てくれ、出てくれ詐欺』かと思いましたね」と出演オファーが信じられなかったようだが、「僕も長い間、役者をやらせてもらっているので、現場では監督の意向やシーンの流れなど何となく見当がつくんだけど、北野監督はあまり指示を出さないので、自分のアンテナを鋭敏にしないといけないし、とても考えさせられました」と発見も。「ジジイたちにはボケ防止にちょうど良かったんじゃないかな。毎年また、来年の桜の花を見られるようにと思って生きているので、来年は北野監督の作品と桜を一緒に観られるなんてとてもおめでたい気分です」と喜びを語った。

また、森昌行プロデューサーは、誤解を招かないようにと「ついに北野監督が初めて現代日本にメスを入れた社会派の映画を完成させた!? そんなわけないでしょ…」と前置きした上で、「出来上がったのは、コメディ・タッチでありながらも哀愁も感じさせてくれ、そしてその絶妙のバランスに感動すら覚える北野武監督ならではの個性的で魅力あふれる新しい映像の世界です」と世界観を説明。「『ジジイ』がこれからの時代のキーワードであることも教えてくれる必見のエンターテイメント・ムービーです」とアピールしている。

同日に公開された予告編は、「おい! ジジイ!」「ジジイが俺らにケンカ売んのか?」「てめぇ、ジジイに脅かされて逃げてきたってなんだよ!」「ジジイに邪魔されたので…」などのセリフで"ジジイ"連発。杖やナイフを振り上げたり拳銃を放ったりと、「金無し、先無し、怖いもの無し」"ジジイ"たちの暴れっぷりが伝わる内容となっている。

(C)2015『龍三と七人の子分たち』製作委員会