ショーン・ビーンPhoto by Astrid Stawiarz/Getty Images

写真拡大

リドリー・スコット監督、マット・デイモン主演の火星を舞台にしたSFサバイバル映画「The Martian(原題)」に、英俳優ショーン・ビーンが出演すると米ハリウッド・レポーター誌が報じた。

米20世紀フォックスが製作する同作は、火星に取り残された宇宙飛行士(デイモン)のサバイバルと、彼を地球に帰還させるため策を練るNASAの奮闘を描く。新人作家アンディ・ウィアーが2012年に電子ブックとして自費出版して大ヒットを記録した同名小説(邦題「火星の人」)が原作で、「クローバーフィールド HAKAISHA」「ワールド・ウォー Z」の脚本家ドリュー・ゴダードが脚色を手がけた。

ビーンはNASAのフライトディレクターを演じる。ほか、ケイト・マーラ、ジェシカ・チャステイン、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャらが共演する。

■関連記事
米サイト選出「よく死ぬ映画俳優トップ10」
ウォシャウスキー姉弟「ジュピター」全米公開が15年2月に延期
リドリー・スコット&マット・デイモンの火星映画ヒロインにケイト・マーラ
ジェシカ・チャステイン&クリステン・ウィグ、リドリー・スコット新作に出演?
リドリー・スコット監督「ブレードランナー2」&「プロメテウス2」の脚本完成を明言