カルト人気を誇る傑作待望のブルーレイ化!(C)1984 ディレクターズカンパニー/ATG

写真拡大

1984年に公開された伝説のカルト映画「人魚伝説」(池田敏春監督)がHDニューマスター版で初ブルーレイ&再DVD化され、11月5日発売する。

宮谷一彦氏の同名劇画を原作とする本作は、白都真理主演、原発建設をめぐる陰謀で夫を殺された若い海女が復讐の鬼と化す凄絶なバイオレンスアクション。

静かな入り江でアワビを採って暮らす新婚夫婦の啓介とみぎわ。ある晩、啓介は釣り人の乗った船が爆破されるのを目撃するが死体は上がらなかった。夫妻は現場に赴き、啓介を船上に残してみぎわが海中に潜るが、みぎわが水中から上がろうとしたその時、銛に貫かれた夫を発見する。江藤潤が夫の啓介役を演じる。

ブルーレイ特典は、主演の白都による85分に及ぶロングインタビューで、故・池田監督との思い出など30年の沈黙を破り初めて語られる独占秘話が収録されている。

「人魚伝説」ブルーレイは4800円、DVDは3800円(共に税別)で発売。

■関連記事
人魚伝説に迫る荒俣宏、注目するのは深海と夜の海に生息する生物
「秋深き」池田敏春監督、入水自殺
「家族ゲーム」「遠雷」「人魚伝説」が初ブルーレイ化 今秋発売
寺山修司没後30年 ATGでの監督作3本が初ブルーレイ化
長谷川和彦監督が語り尽くす「青春の殺人者」新事実 本邦初公開の資料も