マイケル・ベイ監督Photo by Jason Merritt/WireImage

写真拡大

「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイ監督が、実話をもとにした戦争ドラマ「13 Hours」の監督交渉をパラマウント・ピクチャーズと進めていると、米バラエティが報じた。

同作は、2012年9月11日にリビア東部のベンガジにある米中央情報局(CIA)の拠点がテロリストに襲撃された事件を描くもので、ミッチェル・ザッコフのノンフィクション本「Thirteen Hours: A Firsthand Account of What Really Happend in Benghazi」が原作。チャック・ホーガンが映画脚本を執筆している。

「モガディッシュの戦闘」をリドリー・スコット監督が映画化した、「ブラックホーク・ダウン」のような戦闘映画になる予定。派手なエンタテインメント作品で知られるベイ監督にとっては、初めて手がけるシリアスな作品となるという。

なお、今年公開された人気シリーズ第4弾「トランスフォーマー ロストエイジ」は、世界興行収入10億ドルを超える大ヒットとなったが、ベイ監督はシリーズ第5弾への参加を否定している。

■関連記事
ド派手アクション満載!ノリノリな「ミュータント・タートルズ」予告編が完成
マイケル・ベイ映画は空腹を招く!?
マイケル・ベイ監督プロデュース作、「マチェーテ・キル」脚本家が執筆
マイケル・ベイ「トランスフォーマー5」監督から離脱
米誌が選ぶ「マイケル・ベイ映画の爆破シーンBEST10」